電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-1-8
RGC 回路を用いた広帯域 TIA の高利得・低消費電力化の検討
◎佐藤 匠・中根祐介・中村 誠・伊藤大輔(岐阜大)
光通信システムで利用される光受信器において、光受信電流を電圧に変換し信号の増幅を行うTIAでは、広帯域化と伴に、高利得・低消費電力化が求められている。本稿では、広帯域で動作可能なRGC回路をベースとしたCGFW回路について、高利得・低消費電力化の検討を行った。また、回路シミュレーションを用いて従来回路との比較を行い、提案回路は消費電力・GB積において良好な結果が得られた。