NOLTAソサイエティ

 
一般セッション

この目次は、インターネット講演申込登録のデータを元に作成されています。
また、講演者を○、◎印で示し、 ◎印は本会「学術奨励賞受賞候補者」の資格対象であることを示します。

N-1. 非線形問題

9月13日 9:00〜12:00 1号館 12C 座長 島田 裕(東京理科大)

N-1-1 遅延結合された2個の2次元Ginzburg-Landauモデルに生じるType I-o不安定性
  ◎テキ 博偉・小西啓治・原 尚之(阪府大)
N-1-2 非対称遅延を持つ星型および直線状結合高次元写像ネットワークに発生する振動停止現象の解析
  ◎沖川裕貴・杉谷栄規(茨城大)
N-1-3 3つの異なる遅延結合発振器群から構成される直積ネットワークに生じる振動停止現象の解析
  ◎菊地貴裕・杉谷栄規(茨城大)
N-1-4 拡張BVP発振回路におけるMMO加算の普遍定数に関する研究
  ○市川弘貴・清水邦康(千葉工大)・稲葉直彦(明大)
N-1-5 バイアスを加えた結合位相振動子のダイナミクスに基づくロボット群のフォーメーション制御
  ○中村 正・吉田晃基・小西啓治・原 尚之(阪府大)

休 憩(10:30 再開)  座長 山内将行(広島工大)

N-1-6 並列化光電入力昇圧コンバータの平均電力とリップルの特性
  ◎國井裕介・斎藤利通(法政大)
N-1-7 WTA結合による並列化降圧コンバータの故障耐性
  ◎神崎大飛・安藤海斗・斉藤利通(法政大)
N-1-8 特殊な波動現象への非線形性の影響に関する調査
  ○平野里佳・高野涼平・山内将行(広島工大)
N-1-9 ヘテロ結合粒子群最適化法と複数解探索
  ◎沖津怜直・斎藤利通(法政大)
N-1-10 数値計算による4台のメトロノームの同期領域の調査
  ◎△塩見優介・島田 裕・藤原寛太郎・池口 徹(東京理科大)
N-1-11 メトロノームにおける有色ノイズによる共通ノイズ同期現象
  ◎船木怜大成・島田 裕・藤原寛太郎・池口 徹(東京理科大)

9月13日 13:00〜17:00 1号館 12C 座長 松岡祐介(米子高専)

N-1-12 複雑ネットワーク解析による異言語間の比較調査
  ◎多々良真弓美・島田 裕・藤原寛太郎・池口 徹(東京理科大)
N-1-13 頂点に基づく局所探索法を使用したカオスニューラルネットワークによるグラフ的シュタイナー木問題の解法
  ◎△藤田実沙(東京理科大)・木村貴幸(日本工大)・藤原寛太郎・池口 徹(東京理科大)
N-1-14 スケールフリー性とクラスタ性が共存するネットワーク上での情報拡散の解析
  ◎石黒 譲・島田 裕・藤原寛太郎・池口 徹(東京理科大)
N-1-15 Izhikevichニューロンモデルにおけるノイズ電流印加による信頼性の上昇
  ◎内木 楓・島田 裕・藤原寛太郎・池口 徹(東京理科大)
N-1-16 微小高調波外力が乾燥摩擦を伴う強制自励系に及ぼす影響
  ○山口拓人・長田翔磨(大分大)・麻原寛之(岡山理科大)・軽部 周(大分高専)・高坂拓司(大分大)

休 憩(14:30 再開)  座長 安達雅春(東京電機大)

N-1-17 複数のテクニカル分析を考慮したRNNによる株価変動予測
  ◎松永 大・森 康久仁(千葉大)・松葉育雄(秀明大)
N-1-18 エクストリーム学習器を用いた三次元分岐図の再構成
  ◎伊藤佳卓・安達雅春(東京電機大)
N-1-19 Kinect V2の人体検出を用いたグラフカットによる自動セグメンテーション
  ◎△小林航大(首都大東京)・佐藤雅俊(玉川大)・朝香卓也(首都大東京)
N-1-20 複雑ネットワークにおける次数情報を用いた経路制御手法の評価
  ◎森田雄貴・木村貴幸(日本工大)
N-1-21 重み付き無向グラフの媒介中心性の更新式
  ◎難波俊行・高橋規一(岡山大)

休 憩(16:00 再開)  座長 高橋規一(岡山大)

N-1-22 収縮的に振動する区分定数スパイキング発振器
  ◎寺本誠司・松岡祐介(米子高専)
N-1-23 アナログのこぎりニューロンとディジタルのこぎりニューロン
  ◎河村勇輝・杉田和也・斎藤利通(法政大)
N-1-24 Reset Control of Chaos in FitzHugh-Nagumo equation
  ○Masataka Iwai(MHI Nuclear Systems and Solution Engineering)
N-1-25 三遊亭圓生の落語『死神』の非線形時系列解析
  ◎△野村亮太・池口 徹(東京理科大)

9月14日 10:15〜12:00 1号館 12C 座長 佐々木智志(湘南工科大)

N-1-26 遅延最小化施設配置配送計画問題に対するk-means++法とカオスダイナミクスを用いた解法
  ◎金子将也・森田雄貴・澤出浩幹・木村貴幸(日本工大)
N-1-27 区分線形系粒子群最適化法のNon-separable な問題における解探索性能の調査
  ◎佐々木智志(湘南工科大)・中野秀洋(東京都市大)
N-1-28 突然変異分布を調整した進化的アルゴリズム
  ○大戸雄一朗・森田雄貴・澤出浩幹・木村貴幸(日本工大)
N-1-29 種々のパケット生成確率に対応した経路制御手法
  ○澤出浩幹・木村貴幸(日本工大)
N-1-30 データ同期による風向特徴パターン抽出
  ◎宝本眞也・宮野尚哉(立命館大)
N-1-31 SPSO2011と同等性能を有する決定論的PSO
  ◎△石川成之助・神野健哉(日本工大)
N-1-32 IPSOによるTSP解法の初期解による影響
  ◎△木山 潤・神野健哉(日本工大)
N-2. 複雑コミュニケーションサイエンス

9月12日 11:00〜12:00 1号館 13G 座長 黒田佳織(東京理科大)

N-2-1 光ヘテロダインによる白色カオスを用いた高速物理乱数生成におけるエントロピーの評価
  ◎吉屋圭悟・寺島悠太・内田淳史(埼玉大)
N-2-2 リカレンスプロットによるてんかん発作脳波の規則性解析
  ◎花待宏典・森 康久仁(千葉大)・原田 元(脳波計量解析研)・松葉育雄(秀明大)
N-2-3 アダプティブアレイアンテナによる雑音制御を用いた確率共鳴受信機の検討
  ◎平岡真太郎・中島康雄・山里敬也(名大)・荒井伸太郎(岡山理科大)・田所幸浩・田中宏哉(豊田中研)
N-2-4 インターネット経由で結合されたFPGA神経細胞ネットワークについて
  ◎岩間 淳・鳥飼弘幸(京産大)