通信ソサイエティ

特別企画

特別記念講演

大会委員会企画

TK-1.信学会のリ・デザイン

TK-2.国際標準化とビジネス戦略

TK-3.国際セクションにおけるIoT

TK-4.ICT活用による魅力ある成熟都市(エイジングシティ)形成

ソサイエティ特別企画

BK-1.通信ソサイエティ特別講演及び表彰式

BK-2.論文の書き方講座

パネルセッション

BP-1.5G Phase1実現に向けた3GPP Rel-15標準化動向とその展望

BP-2.将来のICTの研究開発の方向性について

BP-3.IoT 時代におけるスマートスペクトラム

BP-4.5G時代のトラヒックを支えるミリ波通信技術

BP-5.新興国と連携したSociety 5.0実現に向けたチャレンジ

チュートリアルセッション

BT-1.情報指向ネットワーク技術の実装と応用事例

BT-2.AIを活用したネットワーク運用技術

依頼シンポジウム

BI-1.様々な分野における近距離レーダの現状と将来技術

BI-2.無線生体センサとヒューマンマシンインタフェース(HMI)におけるノイズ耐性とEMCの役割

BI-3.社会の課題解決に貢献する次世代情報ネットワークサービスの創出にむけて

BI-4.完了間近!!400ギガイーサの標準化動向

BI-5.データセンタシステムと光ネットワーキングのコ・デザインは有用か?

BI-6.データセンター向けに利用の期待が高まる光ファイバ技術・光配線技術

BI-7.持続的かつ強靭な将来スマート社会の実現に向けた技術展望

BI-8.知的環境が支える未来社会

 
シンポジウムセッション

この目次は、インターネット講演申込登録のデータを元に作成されています。
また、講演者を○、◎印で示し、 ◎印は本会「学術奨励賞受賞候補者」の資格対象であることを示します。

BS-1. 特性モード解析による最新のアンテナ設計・解析技術
(アンテナ・伝播研専)

9月14日 10:15〜11:55 1号館 12K 座長 広川二郎(東工大)

BS-1-1 Characteristics Mode とアンテナの共振
  ○新井宏之(横浜国大)
BS-1-2 特性モード解析を用いたU字型折返しダイポールアンテナの検討
  ◎秋山直己・道下尚文(防衛大)・佐藤 浩・小柳芳雄(パナソニック)・森下 久(防衛大)
BS-1-3 Characteristic Mode理論を用いたMIMOアンテナの伝送容量解析
  ○本間尚樹・佐々木 穂(岩手大)・今野佳祐・陳 強(東北大)
BS-1-4 電気的超小形デバイスに対する固有モード解析手法
  ◎羽賀 望(群馬大)・高橋応明(千葉大)
BS-2. Beyond 5G に向けた無線通信技術
(無線通信システム研専)

9月13日 9:00〜11:20 1号館 1BJ 座長 須山 聡(NTTドコモ)

BS-2-1 第5世代移動通信システムにおける無線アクセス技術と今後の展望
  ○村田英一(京大)
BS-2-2 (依頼講演)Beyond 5G無線アクセス技術の初期考察
  ○岸山祥久(NTTドコモ)
BS-2-3 過負荷MIMO技術による多信号ストリーム受信
  ○眞田幸俊(慶大)

休 憩(10:30 再開)  座長 村田英一(京大)

BS-2-4 大規模MIMOシステムの送信アンテナ選択による簡易ビーム形成に関する検討
  ○西村寿彦・井上航一・大鐘武雄・小川恭孝(北大)
BS-2-5 低SHF帯5G集中・分散配置Massive MIMO技術の検討状況
  ○須山 聡・奥山達樹・増野 淳・奥村幸彦(NTTドコモ)
BS-3. ミッションクリティカルなモバイルアプリケーションを実現するネットワーク・システム技術
(ネットワークシステム研専)

9月12日 13:00〜15:45 1号館 13Q 座長 水野 修(工学院大)

BS-3-1 Proof of Concept : Latency Estimation using Reusable Microservices Latency Profile Dictionary
  ○Lidwina Andarini・Masahiro Yoshida・Noriyuki Takahashi・Hiroyuki Tanaka(NTT Labs)
BS-3-2 大規模ネットワークにおける拠点間 DTN ルーティングのメッセージ配送遅延に関する一検討
  ◎西川純由・松井大樹・山崎康広・大崎博之(関西学院大)
BS-3-3 DTN における抑制的エピデミックルーティングの特性解析に関する一検討
  ◎川端奈津子・山崎康広・大崎博之(関西学院大)

休 憩(14:30 再開)  座長 上 豊樹(パナソニック)

BS-3-4 スパースモデリングによる最小リンクフロー問題の解法に関する一検討
  ◎松尾涼太郎・中村 遼・大崎博之(関西学院大)
BS-3-5 音符粒子法による自動採譜と編曲音楽 --Sophia SoundのDemoを含めて--
  ○田中 衞・萬代雅希・田中昌司(上智大)
BS-3-6 編曲音楽生成のための自動採譜システム --Sophia Soundのサービス化にむけて--
  ○鴨川 威・金矢光久(アンサンブル技術研究所)・佐藤雅俊・大竹 敢(玉川大)・青森 久(中京大)・清水尚彦(東海大)・千種康民(東京工科大)・萬代雅希・田中昌司・田中 衞(上智大)
BS-4. ネットワーク技術特別ポスターセッション
(ネットワークシステム研専、情報ネットワーク研専 共催)

9月14日 13:30〜15:30 1号館 13Q 座長 加藤 圭(OKI)

BS-4-1 Raspberry PiへのISDSRに用いられる署名方式の実装に関する研究
  ○小島英春・矢内直人(阪大)
BS-4-2 情報指向型センサネットワークにおけるワイルドカード付きデータIDに適用するデータキャッシュの検討
  ◎望月寛大・小池将史・水野 修(工学院大)
BS-4-3 YouTuberビジネスの発展に伴うシステム機能の一考察
  ○土屋果奈・岩下 基(千葉工大)
BS-4-4 VNFのサービス要件保証に向けた性能予測の検討
  ○伊藤義人・白神彰則(NTT)
BS-4-5 ASVを用いた海中から陸上までのデータ伝送システム
  ◎△菅 良太郎・百留忠洋・澤 隆雄・中野善之・渡邊佳孝・福田達也・中谷武志・松本 宙・吉田 弘(JAMSTEC)
BS-4-6 高可用性を持つBluetooth MANETの平均次数に関する端末速度に対する適用性の実験的評価
  ◎△林 弘毅・河野英太郎・角田良明(広島市立大)
BS-4-7 CCNにおける確率的Interestパケット集約手法の一提案
  ◎安田裕一・藪内剛志・中村 遼・大崎博之(関西学院大)
BS-5. 小型衛星並びに無人航空機の用途拡大に向けた、次世代電力技術ならびにデバイス小型化技術
(電子通信エネルギー技術研専、衛星通信研専 共催)

9月12日 13:00〜16:10 1号館 1BP 座長 鵜野将年(茨城大)

BS-5-1 ニューラルネットワークを用いたDC-DCコンバータの入力変動に対する過渡特性改善手法について
  ◎田口 雅・谷口弘展・丸田英徳(長崎大)・黒川不二雄(長崎総合科学大)
BS-5-2 越夜時の熱リーク低減を目的とした月面探査ローバへの非接触電力伝送適用
  ◎本田さゆり・嶋田修平・田中洸輔・畠中龍太・川崎 治(JAXA)
BS-5-3 小型宇宙機用非絶縁型PWMマルチポートコンバータ
  ◎永田 光・鵜野将年(茨城大)

休 憩(14:30 再開)  座長 山崎浩輔(KDDI総合研究所)

BS-5-4 宇宙機用リチウム系蓄電デバイスの基礎研究
  ○中島裕貴・嶋田修平・内藤 均・山田知佐・川瀬 誠(JAXA)
BS-5-5 リチウムイオンキャパシタと薄膜太陽電池の軌道上実証
  ○久木田明夫・宮澤 優・坂井智彦・住田泰史(JAXA)
BS-5-6 衛星放送受信用12/21GHz帯偏波共用給電アンテナの試作
  ○長坂正史・中澤 進・岩崎充志・田中祥次(NHK)
BS-5-7 衛星-地上間におけるSOTAを用いた偏光測定実験
  ○竹中秀樹・Alberto Carrasco-Casado・藤原幹生・北村光雄・佐々木雅英・豊嶋守生(NICT)
BS-6. 次世代無線ネットワークを支える伝送効率・通信品質向上技術 -無線通信の進化と新たな品質要求への挑戦-
(コミュニケーションクオリティ研専)

9月12日 13:00〜15:45 1号館 12F 座長 アベセカラ ヒランタ(NTT)

BS-6-1 Massive MIMO 技術を用いたドローンメッシュネットワークにおけるアンテナ・伝搬路モデル
  ○木村共孝(東京理科大)・松田崇弘(阪大)・西森健太郎(新潟大)・平栗健史(日本工大)・金子めぐみ(NII)・中尾彰宏(東大)
BS-6-2 Massive MIMOにおけるアレーの自由度とユーザ側ビーム選択による特性改善
  ○西森健太郎・谷口諒太郎・満井 勉(新潟大)・平栗健史(日本工大)
BS-6-3 マルチビームMassive MIMO伝送におけるオーバヘッドレスアクセス制御方式―公平性を考慮したユーザ選択手法―
  ○森野善明・平栗健史・吉野秀明(日本工大)・西森健太郎(新潟大)

休 憩(14:30 再開)  座長 松田崇弘(阪大)

BS-6-4 多対一スイッチによる高密度分散アンテナ選択を用いた上りMU-MIMO伝送の評価
  ◎吉田 翔・伊藤創一・西森健太郎(新潟大)・村上友規・石原浩一・鷹取泰司(NTT)
BS-6-5 無線LANマルチキャスト配信の伝送レート選択に関する一検討
  ◎設樂 勇・森野善明(日本工大)・西森健太郎(新潟大)・平栗健史(日本工大)
BS-6-6 低ESL特性を有するループ結合型コンデンサの提案
  ○福永達也(TDK)
BS-7. Network and Service Design, Control and Management
(情報通信マネジメント研専)

9月12日 13:00〜16:35 1号館 12G 座長 木下和彦(徳島大)

BS-7-1 Utility-Awared Pricing in Femto-Macro Heterogenous Networks
  ○Bo Gu(Kogakuin Univ.)・Zhi Liu(Shizuoka Univ.)・Cheng Zhang(Waseda Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Osamu Mizuno(Kogakuin Univ.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)
BS-7-2 Real-time Mobile Computer Vision with Edge Computing
  ◎△Ben Ruktantichoke・Masaki Ito・Kaoru Sezaki(The Univ. of Tokyo)
BS-7-3 Secure Load Balanced Handover in LTE Self Organized Network
  ◎Nava Krishna Chaitanya Javvaji(Waseda Univ.)・Ryo Yamamoto(The Univ. of Electro-Communications)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)

休 憩(14:30 再開)  座長 古 博(工学院大)

BS-7-4 Verification and Validation of Tsunami Evacuation Simulation Model for Reality Design
  ◎Hiroyuki Tamai・Tatsuya Yamazaki(Niigata Univ.)・Yasunori Owada・Goshi Sato(NICT)
BS-7-5 Smartphone Application for Visual Interactive Voice Response
  ○Hee-Dong Kim(Hankuk Univ. of Foreign Studies)
BS-7-6 Author Profiling in Twitter
  ○Mondher Bouazizi・Tomoaki Ohtsuki(Keio Univ.)
BS-7-7 Evaluating Effectiveness of Farmers Market Information System to Crop Buyers
  ◎Isakwisa Gaddy Tende(Univ. of Miyazaki)・Shin-Ichiro Kubota(Kumamoto Univ.)・Hisaaki Yamaba・Kentaro Aburada・Naonobu Okazaki(Univ. of Miyazaki)
BS-7-8 A Proposal of Design-aware test Code Approach for Code Writing Problem in Java Programming Learning Assistant System
  ○ZAW KHIN KHIN・NOBUO FUNABIKI(Okayama Univ.)

9月13日 9:00〜11:45 1号館 12G 座長 朱 韵成(日立)

BS-7-9 Cooperative Traffic Light Control Approach for Reducing Traffic Congestion with V2I Network
  ○HUAN WANG・JIANG LIU・ZHENNI PAN・TAKASHI KOSHIMIZU・SHIGERU SHIMAMOTO(Waseda Univ.)
BS-7-10 Analytics Framework for AI-based Network Operation and Management
  ○Shinji Yamashita・Keiichi Nakatsugawa・Masato Okuda・Toshio Soumiya(Fujitsu Labs.)
BS-7-11 Vanishing Component Analysis for Nonlinear Blind Source Separation
  ◎LU WANG・TOMOAKI OHTSUKI(Keio Univ.)

休 憩(10:30 再開)  座長 劉 志(静岡大)

BS-7-12 Optimized RTS/CTS for Exposed Node Reduction in IEEE 802.11 Ad Hoc WLANs
  ◎Emilia N Weyulu・Masaki Hanada・Moo Wan Kim(Tokyo Univ. of Information Sciences)
BS-7-13 A Study on Packet Transmission Scheduling Exploiting Stations Receiving both Unicast and Multicast Flows in Wireless LAN
  ◎Yuta Nishida・Yosuke Tanigawa・Hideki Tode(Osaka Prefecture Univ.)
BS-7-14 Utility-Based Adaptive Resource Allocation Method for Wireless Mobile Networks
  ○Shwe Cin・Taku Noguchi(Ritsumeikan Univ.)

9月13日 13:00〜16:35 1号館 12G 座長 吉原貴仁(KDDI総合研究所)

BS-7-15 Cloud-based Solution for Connecting Multiple Home Networks using universAAL Space Gateway
  ◎△Van Cu PHAM・Yuto Lim・Yasuo Tan(JAIST)
BS-7-16 Application Specific IoT Suite Leveraging Deeply Programmable Network and IoT MVNO
  ◎Ping Du・Yoshiaki Kiriha・Akihiro Nakao(The Univ. of Tokyo)・Taku Fukushima・Kenta Yasukawa(SORACOM)
BS-7-17 Discrimination Method of Improper Transfer Data between Sensors and a Gateway in IoT Networks Considering Data Integrity
  ◎Kouta Tezuka・Yoshihiro Niitsu(Shibaura Inst. of Tech.)
BS-7-18 Load Balanced Geographic Routing in the Vicinity of Holes in WSNs
  ○Phi Le Nguyen・Ji Yusheng(NII, Sokendai)

休 憩(14:55 再開)  座長 栗本 崇(NII)

BS-7-19 Maximizing Lifetime of Data-Gathering Sensor Tree at Any Aggregation Rate
  ○Hiroshi Matsuura(NTT)
BS-7-20 A design of an asymmetric resonator for wirelessly powered wearable ring device
  ◎Weiwei Jiang・Haichao Zhu・Takuya Sasatani・Yoshiaki Narusue(The Univ. of Tokyo)・Masaaki Fukumoto(Microsoft Research)・Yoshihiro Kawahara(The Univ. of Tokyo)
BS-7-21 Stabilization Control by Viscosity in Remote Robot System with Haptics
  ○Takafumi Rikiishi・Yutaka Ishibashi(Nagoya Inst. of Tech.)・Pingguo Huang(Seijoh Univ.)・Takanori Miyoshi(Toyohashi Univ. of Tech.)・Hitoshi Ohnishi(The Open Univ. of Japan)・Yuichiro Tateiwa(Nagoya Inst. of Tech.)・E.Kostas Psannis(Univ. of Macedonia, Greece)・Hitoshi Watanabe(Tokyo Univ. of Science)
BS-7-22 Studying on Achieving Long Distance High-Frequency Ultrasound Air Propagation
  ◎Chenlu Liu・Shigeru Shimamoto・Jiang Liu・Yoshimitsu Nagao(Waseda Univ.)

9月14日 9:00〜11:45 1号館 12G 座長 徐 蘇鋼(NICT)

BS-7-23 Planning of Optical Networks with Sliceable Bandwidth Variable Transponders
  ○Filippos Balasis・Sugang Xu・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)
BS-7-24 Traveling Salesman Problem Based Conductive Pattern Generation for Multiple Color LEDs Brightness Balance
  ◎Tung D. Ta・Fuminori Okuya・Yoshihiro Kawahara(The Univ. of Tokyo)
BS-7-25 Implication of optical path cross-connect and fiber cross-connect in creating cost-effective large bandwidth optical networks
  ○Mungun-Erdene Ganbold・Takuma Yasuda・Yojiro Mori・Hiroshi Hasegawa・Ken-ichi Sato(Nagoya Univ.)

休 憩(10:30 再開)  座長 Filippos Balasis(早大)

BS-7-26 Node Degree Based Reliable Service Function Chain Provisioning in Software-Defined Networking
  ◎YANSEN XU(The Univ. of Electro-Communications)・Ved P. Kafle(NICT)
BS-7-27 Virtual Network Embedding Based on Security Level with VNF Placement
  ○Dhanu Dwiardhika・Takuji Tachibana(Univ. of Fukui)
BS-7-28 Design of a Sharable Emergency Packet Transport Network with Carriers Cooperation in Disaster Recovery
  ○Sugang Xu(NICT)・Noboru Yoshikane(KDDI Research)・Masaki Shiraiwa(NICT)・Takehiro Tsuritani(KDDI Research)・Hiroaki Harai・Yoshinari Awaji・Naoya Wada(NICT)

9月14日 13:00〜15:45 1号館 12G 座長 登内敏夫(NEC)

BS-7-29 Error Correction for Distance Detection in Indoor Visual Positioning Using SVR and SVM
  ◎Tingsong Chen・Cheng Zhang・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)
BS-7-30 Topology Mapping for Caching Decision in Topology-known Content-Centric Network
  ○Zhi Liu・Susumu Ishihara(Shizuoka Univ.)・Cheng Zhang(Waseda Univ.)・Bo Gu(Kogakuin Univ.)・Yusheng Ji(NII)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)
BS-7-31 Time-To-Live Based Caching Mechanism with Nonlinear Pricing
  ○Cheng Zhang(Waseda Univ.)・Richard T. B. Ma(National Univ. of Singapore)・Zhi Liu(Shizuoka Univ.)・Bo Gu(Kogakuin Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)

休 憩(14:30 再開)  座長 張 成(早大)

BS-7-32 Self-cleaning Breadcrumb Policy in Cache network
  ◎Wuhong Niu・Hidenori Nakazato・Yunbin Wu(Waseda Univ.)
BS-7-33 Research on content distribution over ICN
  ○yunbin wu・Hidenori Nakazato・Wuhong Niu(Waseda Univ.)
BS-7-34 LCD-Based Probabilistic Edge Caching for Information Centric Networking
  ○Abdul Milad Siddique・Hidenrori Nakazato(Waseda Univ.)
BS-8. ヘルスケア・医療における機械学習技術とその応用
(ヘルスケア・医療情報通信技術研専)

9月14日 14:00〜15:15 1号館 13L 座長 金 ミンソク(新潟大)

BS-8-1 Application of Human Motion Classification for Low-Energy Wireless Body Area Network
  ◎Sukhumarn Archasantisuk・Takahiro Aoyagi(Tokyo Tech)
BS-8-2 伝搬路特性を用いた人体動作の同定法のシミュレーション
  ◎市川裕貴・金 ミンソク(新潟大)
BS-8-3 多段SVMによる冠動脈プラークの組織性状判別
  ◎平野貢大・古賀裕章・末竹規哲・内野英治(山口大)
BCS-1. IoT向け無線システムおよびデバイスの最新動向
(マイクロ波研専、知的環境とセンサネットワーク研専 共催)

9月15日 13:30〜16:15 1号館 13M 座長 平野拓一(東工大)

BCS-1-1 (依頼講演)集合住宅への920MHz無線マルチホップ方式展開について
  ○小林克己・小松勇二・村田哲弘(東電PG)・中村 正・百瀬 章・久保喜義(東芝)
BCS-1-2 (依頼講演)IoT無線伝送技術を用いた地下インフラ管理システムの検討
  ○山口 陽・照日 繁・赤羽和徳・吉野修一(NTT)
BCS-1-3 (依頼講演)LPWA LoRaを使ったIoTシステムの実証実験
  ○黒川康司・山田健二・三宅正人(富士通QNET)

休 憩(15:00 再開)  座長 加保貴奈(NTT)

BCS-1-4 (依頼講演)ビーコン技術を活用する圃場センシングシステム
  ○内藤克浩(愛知工業大)
BCS-1-5 (依頼講演)A Lighting Control System Using Battery-less Wireless Human Detection Sensor Networks
  ○Tao Yu・Gia Tran Khanh・Kei Sakaguchi(Tokyo Tech)
BCS-1-6 (依頼講演)植物のキモチセンシングを目指したアグリエレクトロニクスの研究
  ◎伊藤浩之・石原 昇・鹿島光司・深水克郎・大場隆之・益 一哉(東工大)

通信1・通信2の冊子論文集に掲載されているセッション

「通信1」・「通信2」に掲載されているうちの「通信2」の表記用
BS-5. 小型衛星並びに無人航空機の用途拡大に向けた、次世代電力技術ならびにデバイス小型化技術
(電子通信エネルギー技術研専、衛星通信研専 共催)

9月12日 13:00〜16:10 1号館 1BP 座長 鵜野将年(茨城大)

BS-5-1 ニューラルネットワークを用いたDC-DCコンバータの入力変動に対する過渡特性改善手法について
  ◎田口 雅・谷口弘展・丸田英徳(長崎大)・黒川不二雄(長崎総合科学大)
BS-5-2 越夜時の熱リーク低減を目的とした月面探査ローバへの非接触電力伝送適用
  ◎本田さゆり・嶋田修平・田中洸輔・畠中龍太・川崎 治(JAXA)
BS-5-3 小型宇宙機用非絶縁型PWMマルチポートコンバータ
  ◎永田 光・鵜野将年(茨城大)

休 憩(14:30 再開)  座長 山崎浩輔(KDDI総合研究所)

BS-5-4 宇宙機用リチウム系蓄電デバイスの基礎研究
  ○中島裕貴・嶋田修平・内藤 均・山田知佐・川瀬 誠(JAXA)
BS-5-5 リチウムイオンキャパシタと薄膜太陽電池の軌道上実証
  ○久木田明夫・宮澤 優・坂井智彦・住田泰史(JAXA)
BS-5-6 衛星放送受信用12/21GHz帯偏波共用給電アンテナの試作
  ○長坂正史・中澤 進・岩崎充志・田中祥次(NHK)
BS-5-7 衛星-地上間におけるSOTAを用いた偏光測定実験
  ○竹中秀樹・Alberto Carrasco-Casado・藤原幹生・北村光雄・佐々木雅英・豊嶋守生(NICT)