キーワード索引

上段の索引文字をクリックしてご検索ください。
(この索引はインターネットで申し込まれたデータをもとに作成しています。)

 

N

NーAct型 B-6-37 減設時における継続処理切断抑止手法の提案
  ○新井麻衣子・的場光平・堀米紀貴(NTT)(9月14日発表 1号館 13Q)
N2a B-10-59 XG-PON N2a対応OLT用SFP+型光トランシーバ
  ◎三田大介・白井 聡・吉間 聡・芦田哲郎・野田雅樹(三菱電機)(9月14日発表 1号館 1BM)
Named Data Networking (NDN) B-7-27 PC ベース NDN ルータの並列化に伴う処理時間増加の分析に関する一考察
  ○武政淳二・小泉佑揮・長谷川 亨(阪大)(9月13日発表 1号館 13P)
Named Data Networking (NDN) B-7-31 NDNルータのパケット単位のキャッシュに起因する自己置換の発生確率の解析法に関する一考察
  ◎山本瑶司・武政淳二・小泉佑揮・長谷川 亨(阪大)(9月13日発表 1号館 13P)
Naming BT-1-4 The design and implementation of Named Node Network
  ◎Xin Qi・Zheng Wen(Waseda Univ.)・Jairo Lopez(Hitachi)・Daichi Nozaki・Koki Okamoto・Toru Mochida(Waseda Univ.)・Keping Yu(GITI, Waseda Univ.)・Takuro Sato・Yingshuang Du(Waseda Univ.)(9月12日発表 2号館 22A)
nanoparticle CI-4-4 有機/無機ハイブリッドパッシベーション層を有する3入力単電子トランジスタ論理回路
  真島 豊(東工大)(9月12日発表 1号館 11B)
Navigation B-20-1 Indoor Positioning Prediction in Dark Spaces without the Assistance of Wearable Devices
  ○Chia-Sheng Tsai・Yu-Cheng Lin(Tatung Univ.)(9月14日発表 1号館 13L)
NDN B-7-14 Z 記法を用いた位置ベースのフォワーディングにおける経路集約に関する一考察
  ◎栗原佳輝・劉 嘉い・小泉佑揮・長谷川 亨(阪大)(9月12日発表 1号館 13P)
NDN B-7-15 k 匿名性を提供する位置ベースのマルチキャストにおける受信範囲の選択に関する一考察
  ◎劉 嘉い・栗原佳輝・小泉佑揮・長谷川 亨(阪大)(9月12日発表 1号館 13P)
NDN B-8-1 NDNにおけるIoTデータのファンクション・チェイニング
  ◎吉井宏希・白岩善昭・中里秀則(早大)(9月13日発表 1号館 11E)
NDN BT-1-4 The design and implementation of Named Node Network
  ◎Xin Qi・Zheng Wen(Waseda Univ.)・Jairo Lopez(Hitachi)・Daichi Nozaki・Koki Okamoto・Toru Mochida(Waseda Univ.)・Keping Yu(GITI, Waseda Univ.)・Takuro Sato・Yingshuang Du(Waseda Univ.)(9月12日発表 2号館 22A)
Near Field B-4-9 Automotive Windscreen Antenna Far Field Estimation from Near Field on Earth Ground
  ◎Thomas Basikolo・Hiroyuki Arai(Yokohama National Univ.)(9月12日発表 1号館 12E)
NerveNet BI-3-2 途上国の課題解決に資する地域ネットワーク技術
  ○大和田泰伯・井上真杉・佐藤剛至(NICT)(9月13日発表 1号館 13P)
Network CI-2-1 将来のネットワークインフラに向けた施策
  梶原 亮(総務省)(9月12日発表 1号館 13L)
Network Analytics BS-7-10 Analytics Framework for AI-based Network Operation and Management
  ○Shinji Yamashita・Keiichi Nakatsugawa・Masato Okuda・Toshio Soumiya(Fujitsu Labs.)(9月13日発表 1号館 12G)
NFD BT-1-3 NFD の応用と IoT/M2M 通信への展開
  阿多信吾(阪市大)(9月12日発表 2号館 22A)
NFV B-6-7 仮想化環境下における複数フローの通信最適化手法
  ◎本間俊介・奥川 徹(NTT)(9月12日発表 1号館 13Q)
NFV B-6-18 仮想ネットワーク機能に適したライブマイグレーション手法の提案
  ○杉園幸司・山崎裕史・岩田英明(NTT)(9月13日発表 1号館 13Q)
NFV B-6-39 Soft Patch PanelコントローラによるDPDKリソース制御方式の検討
  ○小川泰文・中村哲朗・高田直樹(NTT)(9月14日発表 1号館 13Q)
NFV B-7-40 メタヒューリスティクスを適用したNFV統合制御手法の性能評価
  ◎鈴木晃人・小林正裕・原田薫明・川原亮一(NTT)(9月14日発表 1号館 13P)
NFV B-7-41 リソース粒度変動によるvEPC最適リソース割当導出時間削減効果
  ○田辺和輝(東工大)・中山裕貴・林 經正(BOSCO)・山岡克式(東工大)(9月14日発表 1号館 13P)
NFV BS-4-4 VNFのサービス要件保証に向けた性能予測の検討
  ○伊藤義人・白神彰則(NTT)(9月14日発表 1号館 13Q)
NFV BS-7-26 Node Degree Based Reliable Service Function Chain Provisioning in Software-Defined Networking
  ◎YANSEN XU(The Univ. of Electro-Communications)・Ved P. Kafle(NICT)(9月14日発表 1号館 12G)
NFV BT-2-2 ネットワークの運用における制御フェーズの自動化に関する取組み-AI活用によるネットワーク運用の完全自動化に向けて-
  ◎黒田貴之・中野谷 学・桑原拓也・下西英之(NEC)(9月13日発表 1号館 11F)
NFV TK-2-4 ネットワーク仮想化を支えるSDN/NFVの標準化動向
  栃尾祐治(富士通研)(9月13日発表 2号館 22A)
NMF A-5-2 圧縮型ガンマチャープフィルタとNMFを用いたピアノ曲の多重音解析
  ○川島岳大・市毛弘一(横浜国大)(9月12日発表 1号館 13E)
NMF B-18-32 非負値行列因子分解を用いた電車乗降データの解析
  ◎伊藤匡一・伊藤昌毅・瀬崎 薫(東大)(9月14日発表 1号館 13N)
NOMA B-1-148 NOMAと送信BFを併用した3ビーム基地局による6ユーザ選択法
  ○白澤嘉樹・西森健太郎・牧野秀夫(新潟大)(9月14日発表 1号館 12K)
NOMA B-5-22 NOMAとOMAを同時に活用した無線リソース割り当てに関する一検討
  ◎末永大明・菅沼碩文・蛭間信博・天堤拓郎・前原文明(早大)(9月13日発表 1号館 1BJ)
NOMA B-11-1 クラスタリング技術を用いたCSI推定を不要とするNOMA伝送の検討
  ○安藤和真・西森健太郎・白澤嘉樹(新潟大)(9月13日発表 1号館 12F)
Non-local means A-8-7 半画素位置を考慮したNon-local Meansによる画像のノイズ除去
  ○蟹屋敷祐介・今村幸祐・松田吉雄(金沢大)(9月12日発表 1号館 12B)
nonlinear BS-7-31 Time-To-Live Based Caching Mechanism with Nonlinear Pricing
  ○Cheng Zhang(Waseda Univ.)・Richard T. B. Ma(National Univ. of Singapore)・Zhi Liu(Shizuoka Univ.)・Bo Gu(Kogakuin Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(9月14日発表 1号館 12G)
nonlinear blind source separation BS-7-11 Vanishing Component Analysis for Nonlinear Blind Source Separation
  ◎LU WANG・TOMOAKI OHTSUKI(Keio Univ.)(9月13日発表 1号館 12G)
Nonlocal effect C-15-13 Analysis of Responses for Metallic Nano-Cylinder Chains - Vibration Direction of Electron and Peak Wavelength-
  ◎Motohiro Endo・Ryo Takahashi(Nihon Univ.)・Takashi Yamaguchi(TIRI)・Shinichiro Ohnuki(Nihon Univ.)(9月14日発表 1号館 11F)
NR BP-1-4 5Gの新技術の概要とエリクソン社の取り組み
  ○村井英志・藤岡雅宣(エリクソン・ジャパン)・Christian Hoymann・Stefan Parkvall・Erik Dahlman・Janne Paisa(Ericsson Research)(9月14日発表 2号館 22C)
NR BP-1-6 5G - Moving Towards Deployment
  庄納 崇(インテル)(9月14日発表 2号館 22C)
NR BP-1-7 3GPP標準化動向とNTTドコモの取り組み
  永田 聡(NTTドコモ)(9月14日発表 2号館 22C)
NS-2 BS-7-12 Optimized RTS/CTS for Exposed Node Reduction in IEEE 802.11 Ad Hoc WLANs
  ◎Emilia N Weyulu・Masaki Hanada・Moo Wan Kim(Tokyo Univ. of Information Sciences)(9月13日発表 1号館 12G)
ns-3 B-6-34 マルチアクセス環境における通信品質要求に基づくAQM方式の検討
  ◎岩澤宏紀・徳永和宏・玉置真也・高谷直樹(NTT)(9月14日発表 1号館 13Q)
NW管理 B-14-2 ハイブリッドNWにおける既存NW管理方式の検討
  ◎中村瑞人・大山 全・木村正二(NTT)(9月12日発表 1号館 11F)
NWサービス B-6-17 オンデマンドNWサービス提供に向けたSDN NW保守運用機能検討
  ○伊藤 健・原田 翔・菊田 学・内山靖之(NTTドコモ)(9月13日発表 1号館 13Q)