キーワード索引

上段の索引文字をクリックしてご検索ください。
(この索引はインターネットで申し込まれたデータをもとに作成しています。)

 

C

C-OFDR B-13-15 C-OFDRを用いた強結合マルチコアファイバの空間モード分散分布測定
  ◎大野槙悟・飯田大輔・戸毛邦弘・真鍋哲也(NTT)(9月13日発表 1号館 1BN)
cache BS-7-31 Time-To-Live Based Caching Mechanism with Nonlinear Pricing
  ○Cheng Zhang(Waseda Univ.)・Richard T. B. Ma(National Univ. of Singapore)・Zhi Liu(Shizuoka Univ.)・Bo Gu(Kogakuin Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(9月14日発表 1号館 12G)
cache BS-7-33 Research on content distribution over ICN
  ○yunbin wu・Hidenori Nakazato・Wuhong Niu(Waseda Univ.)(9月14日発表 1号館 12G)
caching BS-7-30 Topology Mapping for Caching Decision in Topology-known Content-Centric Network
  ○Zhi Liu・Susumu Ishihara(Shizuoka Univ.)・Cheng Zhang(Waseda Univ.)・Bo Gu(Kogakuin Univ.)・Yusheng Ji(NII)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(9月14日発表 1号館 12G)
CAD/CG CI-3-2 都市デザイン・景観デザインからのAR利用
  吉川 眞(阪工大)(9月14日発表 1号館 11D)
Calculation accuracy C-15-12 Computational Accuracy of the CIP Method for Electromagnetic Scattering Analysis - Comparison with Reference Solutions Obtained by FILT -
  ◎Nobuaki Taniguchi・Soichiro Masuda(Nihon Univ.)・Takashi Yamaguchi(TIRI)・Shinichiro Ohnuki(Nihon Univ.)(9月14日発表 1号館 11F)
capital expenditures BS-7-25 Implication of optical path cross-connect and fiber cross-connect in creating cost-effective large bandwidth optical networks
  ○Mungun-Erdene Ganbold・Takuma Yasuda・Yojiro Mori・Hiroshi Hasegawa・Ken-ichi Sato(Nagoya Univ.)(9月14日発表 1号館 12G)
capsule antenna B-1-73 Design of Inner-Layer Capsule Dipole Antenna for Ingestible Endoscope
  ○Hiroyasu Sato・Yang Li・Qiang Chen(Tohoku Univ.)(9月13日発表 1号館 12J)
CAP方式 B-10-30 CAP方式を用いた40Gbit/s信号の40km伝送
  越智大貴(KDDI)・◎蠣崎 賢・佐々木慎也(千歳科技大)(9月12日発表 1号館 1BM)
CBIR A-8-1 画像のコンテンツによる画像検索の研究
  ◎菅野将志・張 善俊(神奈川大)(9月12日発表 1号館 12B)
CCN BS-4-7 CCNにおける確率的Interestパケット集約手法の一提案
  ◎安田裕一・藪内剛志・中村 遼・大崎博之(関西学院大)(9月14日発表 1号館 13Q)
CCN BS-7-30 Topology Mapping for Caching Decision in Topology-known Content-Centric Network
  ○Zhi Liu・Susumu Ishihara(Shizuoka Univ.)・Cheng Zhang(Waseda Univ.)・Bo Gu(Kogakuin Univ.)・Yusheng Ji(NII)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(9月14日発表 1号館 12G)
CCN BT-1-1 Ceforeの実装と機能拡張
  朝枝 仁(NICT)(9月12日発表 2号館 22A)
CDN B-6-14 Multi-accessエッジコンピューティングによる高速並列ダウンロード方式
  ○徳永和宏・岩澤宏紀・玉置真也・高谷直樹(NTT)(9月13日発表 1号館 13Q)
CDN B-7-23 2リンクモデルへの拡張を目指したHBH最適ファイル配送方式の基礎検討
  ◎赤岡 武・山岡克式(東工大)(9月13日発表 1号館 13P)
channel fading BS-7-13 A Study on Packet Transmission Scheduling Exploiting Stations Receiving both Unicast and Multicast Flows in Wireless LAN
  ◎Yuta Nishida・Yosuke Tanigawa・Hideki Tode(Osaka Prefecture Univ.)(9月13日発表 1号館 12G)
channel prediction B-17-8 Channel Occupancy Ratio Prediction in Real Environment Using Auto-regressive Integrated Predictor
  ◎Yafei Hou・Julian Webber・Abolfazl Mehbodniya・Kazuto Yano・Tomoaki Kumagai(ATR)(9月13日発表 2号館 22A)
Chaos N-1-24 Reset Control of Chaos in FitzHugh-Nagumo equation
  ○Masataka Iwai(MHI Nuclear Systems and Solution Engineering)(9月13日発表 1号館 12C)
Characteristic mode BS-1-3 Characteristic Mode理論を用いたMIMOアンテナの伝送容量解析
  ○本間尚樹・佐々木 穂(岩手大)・今野佳祐・陳 強(東北大)(9月14日発表 1号館 12K)
chip connection C-3-25 25 Gbaud All-Silicon Low Driving Modulation and Low Bias Photodetection in Communication Band
  ○Haike Zhu・Kazuhiro Goi・Kensuke Ogawa(Fujikura)(9月14日発表 1号館 13K)
CIP method C-15-12 Computational Accuracy of the CIP Method for Electromagnetic Scattering Analysis - Comparison with Reference Solutions Obtained by FILT -
  ◎Nobuaki Taniguchi・Soichiro Masuda(Nihon Univ.)・Takashi Yamaguchi(TIRI)・Shinichiro Ohnuki(Nihon Univ.)(9月14日発表 1号館 11F)
Circular polarization B-1-76 Design of a Polarization Reconfigurable Defected Ground Microstrip Antenna With L-shape Corner Segment
  ◎Muhammad Asad Rahman・Eisuke Nishiyama・Ichihiko Toyoda(Saga Univ.)(9月13日発表 1号館 12J)
Circular SAR B-2-2 Circular SARデータに3-Dバックプロジェクションを用いた立体情報取得
  ○生藤大典・田中大地・宝珠山 治(NEC)(9月12日発表 1号館 12D)
Circularly polarized light C-1-7 プラズモニックアンテナの局所偏光解析-入射光による偏光制御-
  ◎大西崚平・立澤圭輔(日大)・山口隆志(都産技研)・大貫進一郎・芦澤好人・中川活二(日大)(9月13日発表 1号館 13E)
CISPR B-4-42 CISPR規格に定められている方法を用いたLPDAの校正
  ○藤井勝巳・杉山 功・酒井孝次郎・西山 巌(NICT)(9月14日発表 1号館 12E)
CISPR B-4-43 インバータ機器から放射される不要電波強度の電界強度換算
  ○宮澤安範・田中 聡(東北大)・椙本祥史・渡邉 航・永田 真(神戸大)・山口正洋(東北大)(9月14日発表 1号館 12E)
Classic BS-4-6 高可用性を持つBluetooth MANETの平均次数に関する端末速度に対する適用性の実験的評価
  ◎△林 弘毅・河野英太郎・角田良明(広島市立大)(9月14日発表 1号館 13Q)
classification B-2-9 Fully Convolutional Networks for Automatic Target Recognition from SAR imagery
  ○Hidetoshi Furukawa(Toshiba Infrastructure Systems & Solutions)(9月12日発表 1号館 12D)
Cloud Computing B-11-8 Parameter Analysis for the Application of Particle Swarm Optimization to the Multiple Cloudlets Edge Cloud Computing Problem
  ◎Tiago Gama Rodrigues(Tohoku Univ.)・Katsuya Suto(Univ. of Waterloo)・Hiroki Nishiyama・Nei Kato(Tohoku Univ.)(9月13日発表 1号館 12F)
CMA B-1-44 パッチアンテナのキャラクタリスティックモード解析
  ○山本将司・新井宏之(横浜国大)(9月12日発表 1号館 12J)
CMA B-1-150 基地局ビーム選択と端末CMAによる下り回線マルチビームMassive MIMO
  ◎小川翔太・西森健太郎・谷口諒太郎(新潟大)・平栗健史(日本工大)(9月14日発表 1号館 12K)
CMA B-5-69 アンテナ選択によるCMAアダプティブアレーの干渉抑圧特性安定化
  ○丸田一輝・安 昌俊(千葉大)(9月15日発表 1号館 1BJ)
CMOS C-2-15 28GHz帯ダイレクトRFアンダーサンプリング受信用サンプルホールドCMOS IC
  ◎吉野長浩・則島景太・本良瑞樹・亀田 卓・末松憲治(東北大)(9月14日発表 1号館 13M)
CMOS C-2-21 57GHz 130µW低消費電力ミリ波CMOS発振器
  ○本良瑞樹・末松憲治・亀田 卓(東北大)(9月14日発表 1号館 13M)
CMOS CS-2-3 (依頼講演)3次元測位を実現する不等間隔MIMOレーダーモジュールの検討
  ○佐藤潤二・岸上高明・岩佐健太・阿部敬之・村田智洋・四方英邦(パナソニック)(9月13日発表 1号館 13M)
CMOSチップ AI-1-4 インプラントLSIデバイスが実現する未来型医療に向けたIoT技術
  竹原宏明(東大)(9月15日発表 2号館 22B )
CMP A-6-10 チップデータ上でIPセル内の密度分布を表示するシステム
  ○亀井智紀(TOOL)(9月14日発表 1号館 1BP)
CNN A-8-3 雲画像を用いた日射量推定の検討
  ◎長谷智紘・森山 健・西村晃紀・前田俊二(広島工大)(9月12日発表 1号館 12B)
co-creation BI-3-4 デジタルビジネスに挑む〜共創で可能性を無限に〜
  柴崎辰彦(富士通)(9月13日発表 1号館 13P)
CO2 A-12-1 テレワークによる地域のCO2削減効果算出のための普及量推計
  ◎篠塚真智子・張 暁曦・折口壮志(NTT)(9月14日発表 1号館 13E)
CO2レーザ C-3-15 CO2レーザ光伝送用高強度中空ファイバの伝送特性
  ○岩井克全・齋藤亮磨・高久裕之(仙台高専)・宮城光信(宮城学院)(9月14日発表 1号館 13K)
CoDel B-6-34 マルチアクセス環境における通信品質要求に基づくAQM方式の検討
  ◎岩澤宏紀・徳永和宏・玉置真也・高谷直樹(NTT)(9月14日発表 1号館 13Q)
Cognitive Radio B-17-14 探索範囲を段階的に拡大させる学習型占有率測定法によるランデブチャネル法の改良
  ◎征矢隼人(長野県工科短大)・田久 修・白井啓一朗(信州大)・藤井威生(電通大)・太田真衣(福岡大)(9月14日発表 2号館 22A)
Cognitive Radio Networks B-5-77 Jump-Stay Based Frequency Hopping Strategy for Control Channel Establishment in Heterogeneous Cognitive Radio Networks
  ◎Aohan Li・Tomoaki Ohtsuki(Keio Univ.)(9月12日発表 1号館 1BL)
common criteria AT-3-5 LSI設計・製造からみたハードウェアセキュリティの課題
  成吉雄一郎(ルネサスエレクトロニクス)(9月15日発表 1号館 12A)
Computational Offload BS-7-2 Real-time Mobile Computer Vision with Edge Computing
  ◎△Ben Ruktantichoke・Masaki Ito・Kaoru Sezaki(The Univ. of Tokyo)(9月12日発表 1号館 12G)
Computer Vision BS-7-2 Real-time Mobile Computer Vision with Edge Computing
  ◎△Ben Ruktantichoke・Masaki Ito・Kaoru Sezaki(The Univ. of Tokyo)(9月12日発表 1号館 12G)
conical beam B-1-74 Performance Comparison of Conical/Pencil Dual-Beam Array Antennas Using Two Different Types of Planar Magic-Ts
  ◎△Thet Paing Phyoe・Eisuke Nishiyama・Ichihiko Toyoda(Saga Univ.)(9月13日発表 1号館 12J)
Content-Centric Network BS-7-30 Topology Mapping for Caching Decision in Topology-known Content-Centric Network
  ○Zhi Liu・Susumu Ishihara(Shizuoka Univ.)・Cheng Zhang(Waseda Univ.)・Bo Gu(Kogakuin Univ.)・Yusheng Ji(NII)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(9月14日発表 1号館 12G)
Control Channel Establishment B-5-77 Jump-Stay Based Frequency Hopping Strategy for Control Channel Establishment in Heterogeneous Cognitive Radio Networks
  ◎Aohan Li・Tomoaki Ohtsuki(Keio Univ.)(9月12日発表 1号館 1BL)
convolutional neural network B-2-9 Fully Convolutional Networks for Automatic Target Recognition from SAR imagery
  ○Hidetoshi Furukawa(Toshiba Infrastructure Systems & Solutions)(9月12日発表 1号館 12D)
cost A-2-2 On the Minimum Cost to Modify Source Sequences
  ◎Tetsunao Matsuta・Tomohiko Uyematsu(Tokyo Tech)(9月14日発表 1号館 12A)
CRE B-5-33 eICIC HetNet 環境下におけるUE接続比率を基準とした適応制御型CREのスループット特性
  ○長沼紀裕・大澤 魁(工学院大)・須山 聡・増野 淳(NTTドコモ)・大塚裕幸(工学院大)(9月13日発表 1号館 1BJ)
CRLB B-1-27 指向性アンテナ角度走査による伝搬経路の最尤パラメータ推定における誤差評価
  ○金 ミンソク(新潟大)(9月13日発表 1号館 12H)
CRLH伝送線路 C-2-37 2次元右手/左手複合伝送線路の特性解析
  ◎長谷川 大・佐野栄一(北大)(9月12日発表 1号館 13M)
CRLH伝送線路 C-2-38 複数のFETを用いた新たなアクティブCRLH伝送線路の提案
  ◎瀬下拓也・中丸靖崇・水谷 浩(サレジオ高専)(9月12日発表 1号館 13M)
Crop buyers' incomes BS-7-7 Evaluating Effectiveness of Farmers Market Information System to Crop Buyers
  ◎Isakwisa Gaddy Tende(Univ. of Miyazaki)・Shin-Ichiro Kubota(Kumamoto Univ.)・Hisaaki Yamaba・Kentaro Aburada・Naonobu Okazaki(Univ. of Miyazaki)(9月12日発表 1号館 12G)
CSCB法 A-10-4 CSCB Tools: 2つのシナリオからなるコレオグラフィ実現のための拡張
  ◎冨永一矢・宮本俊幸(阪大)(9月12日発表 1号館 12C)
CSI Feedback A-15-3 IEEE 802.11ac/ax 無線LAN向けASIPを用いたHW/SWハイブリッド設計プラットフォームの提案
  ○吉田尚貴・ラナンテ レオナルド・長尾勇平・黒崎正行・尾知 博(九工大)(9月14日発表 1号館 1BJ)
CSI-RS B-5-70 指向性ビーム配置を考慮したスループット改善検討
  ◎内野大地・福井範行・武 啓二郎・岡村 敦(三菱電機)(9月12日発表 1号館 1BL)
CSI誤差 B-5-74 高相関チャネルにおけるMassive MIMOサブアレーアンテナのCSI誤差にロバストな非協調ビームフォーミング
  ◎田中 健・五藤大介・太田 厚・北 直樹(NTT)(9月12日発表 1号館 1BL)
CSMA/CA B-6-35 直線状無線全二重通信マルチホップネットワークにおけるスループット及び遅延解析
  ◎藤村 力・眞田耕輔・森 香津夫(三重大)(9月14日発表 1号館 13Q)
CSMA/CA B-17-6 自律分散型周波数共用通信に向けた通信組合せ検出手法
  ○山下靖貴・谷 重紀・元吉克幸・岡村 敦(三菱電機)(9月13日発表 2号館 22A)
CSMA/CA B-20-11 CSMA/CA を用いた WBAN 内における不正ノード検出法に関する一検討
  ◎大室祐斗・高林健人・榊原勝己(岡山県立大)(9月14日発表 1号館 13L)
CSO B-5-33 eICIC HetNet 環境下におけるUE接続比率を基準とした適応制御型CREのスループット特性
  ○長沼紀裕・大澤 魁(工学院大)・須山 聡・増野 淳(NTTドコモ)・大塚裕幸(工学院大)(9月13日発表 1号館 1BJ)
CSRR A-18-4 CSRR-BPF偽装物検出法における検出アルゴリズムの精度向上法の検討
  ◎大矢佑磨・前田忠彦(立命館大)(9月12日発表 1号館 13F)
CSコネクタ技術 BI-6-1 データセンターの光通信技術
  佐伯尊子(ブロードバンドタワー)(9月12日発表 1号館 1BN)
CT B-5-91 Enabling the Fast Flooding over Multi-hop LoRa Network using SF-pipeline
  ○△Guibing Zhu・Chun-Hao Liao・Theerat Sakdejayont・Yoshiaki Narusue・Hiroyuki Morikawa(The Univ. of Tokyo)(9月13日発表 1号館 1BL)
CT-BPF C-2-51 三角格子金属フォトニック結晶によるCT-BPFの設計
  ◎△謝 成龍・陳 春平・穴田哲夫・中山明芳(神奈川大)・武田重喜(アンテナ技研)(9月13日発表 1号館 13M)
CTLC BS-7-9 Cooperative Traffic Light Control Approach for Reducing Traffic Congestion with V2I Network
  ○HUAN WANG・JIANG LIU・ZHENNI PAN・TAKASHI KOSHIMIZU・SHIGERU SHIMAMOTO(Waseda Univ.)(9月13日発表 1号館 12G)
CTS BS-7-12 Optimized RTS/CTS for Exposed Node Reduction in IEEE 802.11 Ad Hoc WLANs
  ◎Emilia N Weyulu・Masaki Hanada・Moo Wan Kim(Tokyo Univ. of Information Sciences)(9月13日発表 1号館 12G)
CVD C-6-2 触媒反応支援CVD法によりR面サファイア基板上に堆積した非極性ZnO膜の偏光特性
  安達雄大・池田宗謙・田島諒一・加藤有行・○安井寛治(長岡技科大)(9月14日発表 1号館 13F)
cyclic prefix B-17-17 OFDM信号のCyclic Prefixを利用した特徴検出方式の特性解析
  ◎長峰諒英(東工大)・樫木勘四郎(KDDI総合研究所)・渡辺文夫・広川二郎(東工大)(9月14日発表 2号館 22A)
Cyclic法 B-1-122 複数サイクリック相関を用いた所望波の到来方向推定法の性能改善に関する一検討
  ◎神谷悠太・菊間信良・榊原久二男(名工大)(9月13日発表 1号館 12K)
CZTS C-6-1 Cu-Zn-Snスピンコート膜と硫化水素を用いたCu2ZnSnS4膜の作製
  ○田橋正浩・廣瀬将人・高橋 誠(中部大)・中村重之(津山高専)・吉野賢二(宮崎大)・後藤英雄(中部大)(9月14日発表 1号館 13F)
C帯 C-2-27 C帯における集光型金属プレートレンズアンテナを用いた液体の材料定数測定に関する検討
  ○宗 哲・須賀良介・橋本 修(青学大)(9月12日発表 1号館 13N)