ご挨拶

大会委員会 委員長 東京大学 森川 博之

 2017年ソサイエティ大会にご参加くださいまして誠にありがとうございます.
開催にあたり東京都市大学の関係の皆様をはじめご協力いただいた多くの皆様に厚く御礼申し上げます.
 ソサイエティ大会は,約3,000名の研究者,技術者,学生が集い,約1,300件の講演を聴講する非常にユニークな場です.「研究の最前線を知りたい」「ICT分野の動向を幅広く知りたい」「一線で活躍している研究者や技術者と知り合いになりたい/顔や名前を憶えてもらいたい」「研究内容に関して有意義なコメントをもらいたい」などといったさまざまなご期待に応えることのできる場となれば幸いです.
 イノベーションを生み出しやすくするためには「集まる場」の上手なデザインが必要とも言われています.ご参加いただいた皆さんそれぞれが何かしらの価値を得られるような場にすべく,継続的に大会をリ・デザインしていかなければいけないと考えております.皆様の積極的なご参加と活発なご議論をお願いいたします.

大会実行委員会 委員長 東京都市大学 田口 亮

 2017年ソサイエティ大会の開催校実行委員会を代表しまして、本大会に参加される皆様を心より歓迎いたします。
 東京都市大学は1955年6月に東急グループの礎を築いた五島慶太を初代理事長として、設立された学校法人である五島育英会に属しています。五島育英会には当初、武蔵工業大学と東横学園女子短期大学が属しておりましたが、2001年4月に2つの大学を統合することで、6学部18学科を擁する総合大学である東京都市大学が誕生しました。しかしながら、武蔵工業大学の前身である武蔵高等工科学校は1929年9月に創立されています。
 武蔵高等工科学校は“工業教育の理想”を求める学生たちが創立者の一人である及川恒忠に「自分たちが安心して勉学できる学び舎を新たに造りたい」と訴え、その訴えに触発された及川が西村有作と手塚猛昌の協力を得て本学を設立しました。数多くある私立大学においても、学生たちが中心となって設立した大学を他には知りません。そのような大学で今年のソサイエティ大会が開催されます。
 ソサイエティ大会の会場となる世田谷キャンパスの3号館・エントランスに「歴史展示コーナー」がございます。本学の歴史がわかる資料が展示されています。大会の講演、聴講の合間に、ご覧いただければ幸いです。

基礎・境界ソサイエティ会長 今井 浩
NOLTAソサイエティ会長   池口 徹

 基礎・境界ソサイエティ(ESS)では、電子情報通信に関する基礎的な分野や境界領域の研究を担うサブソサイエティ、研究専門委員会が活発な活動をしています。また、基礎・境界ソサイエティのサブソサイエティから2014年10月に独立したソサイエティとなったNOLTAソサイエティ(NLS)は非線形理論とその応用の研究を担っており、現在ではESSとNLSが比肩して共同運営がなされ、相互協力のもとこれら分野の研究推進に取り組んでいます。
 本大会においても、ESSはNLSの協力を得て多彩なプログラムを構成しています。具体的には、合計で22分野の一般講演が企画され、計208件の発表が予定されている他、両ソサイエティによるソサイエティ特別企画/チュートリアルセッション/依頼シンポジウムの開催も予定されています。
 ソサイエティ特別企画(AK-1)では、梅村晋一郎先生(東北大学大学院教授)に「集束超音波治療の工学的基礎」をご講演頂きます。さらに、この特別企画では、本年度、両ソサイエティ活動に貢献された会員に対する特別功労賞/功労賞/貢献賞の表彰も行います。依頼シンポジウムでは「(AI-1)ヘルスケアIoTの実現に資するVLSI設計技術」と「(AI-2)人工知能の数理モデル」が開催されます。チュートリアルでは、「(AT-1)挿入/削除/反転誤り通信路の最近の展開」、「(AT-2)ネットワーク上の信号処理と制御」および「(AT-3)ハードウェアセキュリティ」が開催されます。
 これらのセッションや企画を通じて、研究情報の交換・討論を行い、今後に生かせる知見を得ていただければと思います。また、親交を深める場としても、本ソサイエティ大会がお役に立てることを期待しています。最後になりましたが、本ソサイエティ大会の準備を進めて頂きました大会委員会、実行委員会、プログラム編成委員会の皆様に深くお礼申し上げると共に、基礎・境界ソサイエティ / NOLTAソサイエティの企画を準備して頂いたサブソサイエティ/研究専門委員会およびご講演頂く会員の皆様のご協力に感謝致します。

通信ソサイエティ会長 守倉 正博

 平成29年度電子情報通信学会ソサイエティ大会の開催にあたり、御挨拶申し上げます。通信ソサイエティは、光・無線通信に関する基盤技術から応用やサービスに至る幅広い技術分野や科学分野を網羅しています。本ソサイエティ大会におきましても、情報通信技術に関する798件の発表が予定されています。ソサイエティ大会は総合大会とともに、日頃の研究会活動を越えて、異なる研究会、更に異なるソサイエティとの研究者や技術者との交流が可能な場です。大会では、みなさまの貴重な研究成果の発表や意見交換はもちろんのことですが、他分野の最新技術動向を知ること、更にもっと大事なこととして、異なる分野の研究者や技術者と新たな知己を得て、新しい研究分野を創出する貴重な機会だと思います。ぜひ、この機会を活用して頂きたいと思います。
 御承知のとおり、学会は「専門家が集まり交流を行う場」であり、論文や予稿集だけでは知り得ない世の中の大きな動向や熱気を感じる場です.そのために、今大会でも様々な意欲的な企画が用意されています。学生のみなさまや若い研究者・技術者のみなさまには技術者・研究者として必要な論文を書く技能を身につけるべく「論文の書き方講座」を是非一度聞いて頂きたいと思います。また、混沌とする情報通信技術の方向について「将来のICTの研究開発の方向性について」などのテーマや、近年注目されている技術分野としてIoTや光通信技術、第5世代移動通信、近距離レーダ技術、無線生体センサー技術など最新の技術動向を扱う企画セッションなどもあります。通常の講演セッションへの参加だけでなく、ぜひこれらの企画を活用頂きたいと思います。
 また、通信ソサイエティ総会では、ソサイエティ活動に尽力された方々への表彰式に加え、今大会では科学研究費助成事業に関する特別講演もあります。その他、大会企画セッションや懇親会もあり、参加者に楽しんでいただけるソサイエティ大会になるものと思います。会員の方にはもちろんのこと、周囲の非会員の方にも御声がけいただき、本大会に来場して頂ければ幸いです。
 最後に、今回のソサイエティ大会も、多くの方々の御協力があって実施されます。今大会の企画運営に尽力頂いた学会各委員、関係者の皆様、並びに開催地である東京都市大学の関係の皆様に、感謝の意を表して私の挨拶とさせて頂きます。

エレクトロニクスソサイエティ会長 植之原 裕行

 平成29年度電子情報通信学会ソサイエティ大会が開催されるにあたり、まずは会場をご提供いただきました東京都市大学の関係者の皆様に感謝申し上げますとともに、今大会の企画・運営・準備に関わられました皆様、大会にご参加・ご発表・ご討論いただきます皆様に御礼申し上げます。
 さてエレクトロニクスの応用先が多種多様に拡がっていることはご存知の通りと思いますが、近年予想を超えて人工知能を搭載したり自動運転への応用研究が加速しているようです。それぞれにセンシングや高速無線技術に注目が集まっています。また大容量のデータを処理しているデータセンタ向け通信技術も世界的に研究開発が熱を帯びています。そのような状況を受けて、エレクトロニクスソサイエティの研究専門委員会企画シンポジウムとして、初日午後に「CI-2.データ伝送容量増大に向けた光デバイス技術の進展」「CI-4.ハイブリッド材料技術から拡がるセンサ・光電変換デバイスの最新動向と展望 -有機、バイオ、酸化物、カーボン、ナノメタル、シリコン…-」、2日目午前に「CI-1.異種材料融合技術で加速する集積光デバイスの新展開」、同日午後に「CI-5.空間領域の波動伝搬技術の新展開」、3日目午後には「CI-3.新たな体験を生み出すAR/VR技術」が企画されています。またソサイエティ企画として、「CP-1.デバイス開発から回路設計にわたる光・マイクロ波シミュレーション技術の現状と展望」も3日目午後に開催予定です。
 通常の一般セッションとしても、電磁界理論、マイクロ波、光エレクトロニクス、レーザ・量子エレクトロニクス、機構デバイス、電子部品・材料、磁気記録・情報ストレージ、超伝導エレクトロニクス、電子ディスプレイ、電子デバイス、シリコン材料・デバイス、集積回路、有機エレクトロニクス、マイクロ波・ミリ波フォトニクス、エレクトロニクスシミュレーションの各分野で計229件の一般講演が予定されています。
 さらには、本年は学会創立100周年の記念すべきタイミングでもあります。2日目午後の「CK-1.エレクトロニクスソサイエティプレナリセッション・電子情報通信学会100周年記念シンポジウム エレクトロニクスの発展の現状と未来像:IoTやAIが築く世界の先に見えるもの」において、エレクトロニクスソサイエティ賞・学生奨励賞・ELEX Best Paper Award・レター論文賞の表彰を行います。その後に、特別シンポジウムとして現在実用に向けて研究開発されている大容量光通信技術、ウェアラブルディスプレイ技術、関連技術の市場動向、およびその先の時期に向けて社会に展開していくことを目指す深層学習の応用展開、ニューロチップに関する招待講演5件を計画しました。
 大会は現在の研究開発の動向や具体的な技術の情報を広く収集できる機会でもあり、また関心のある関係者同志で情報交換するとともに、人的交流の場でもあります。ぜひ大会会場に足を運んでいただき、ご議論いただきますよう、お願い申し上げます。