所属索引

 

上段の索引文字をクリックしてご検索ください。
(この索引はインターネットで申し込まれたデータをもとに作成しています。)

 

O

Okayama Univ. BS-7-8 A Proposal of Design-aware test Code Approach for Code Writing Problem in Java Programming Learning Assistant System
  ○ZAW KHIN KHIN・NOBUO FUNABIKI(Okayama Univ.)(9月12日発表 1号館 12G)
OKI B-1-116 Khatri-Rao積仮想アレー処理を適用したMIMOレーダにおける最適素子配置に関する基礎検討
  ◎小西順平・山田寛喜・山口芳雄(新潟大)・平本美智代(OKI)(9月13日発表 1号館 12K)
OKI B-8-13 クロック再生を容易にするπ/2シフトBPSK
  ○清水 聡(OKI)(9月13日発表 1号館 11E)
OKI B-10-26 光位相同期回路によるモニタリングシステムの開発
  ○白澤太志・太田裕之(アルネアラボラトリ)・村井 仁・藤井亮浩(OKI)(9月12日発表 1号館 1BM)
OKI B-13-12 SDH-BOTDRによる高分解能化の検討
  ○小泉健吾・岩村英志・山口徳郎・村井 仁(OKI)(9月13日発表 1号館 1BN)
OKI C-3-30 (依頼講演30分)位相感応光増幅器に向けた高効率PPLN導波路デバイスの開発
  ○岸本 直・稲船浩司(OKI)・小川 洋・関根徳彦(NICT)・村井 仁・佐々木浩紀(OKI)(9月15日発表 1号館 13K)
OKI C-15-5 低サイドローブ路側アンテナを用いたMLFF-ETCの通信領域における電力分布測定
  ◎武田将史・須賀良介(青学大)・松下之憲・三栖翼和(NEXCO)・山本圭一郎・山岸 悟・金子 富(OKI)・橋本 修(青学大)(9月13日発表 1号館 12B)
Optiwave日本オフィス CP-1-3 多領域フォトニック回路のための統合シミュレーター
  杜 一波(Optiwave日本オフィス)(9月14日発表 1号館 11F)
Osaka City Univ. A-9-3 Robust Arbitrary Unicast Transmission over Multi-way Relay Channel with CSI Error
  ○Yuechi Cao(Kyoto Univ.)・Kazunori Hayashi(Osaka City Univ.)(9月12日発表 1号館 11A)
Osaka Prefecture Univ. BS-7-13 A Study on Packet Transmission Scheduling Exploiting Stations Receiving both Unicast and Multicast Flows in Wireless LAN
  ◎Yuta Nishida・Yosuke Tanigawa・Hideki Tode(Osaka Prefecture Univ.)(9月13日発表 1号館 12G)