所属索引

 

上段の索引文字をクリックしてご検索ください。
(この索引はインターネットで申し込まれたデータをもとに作成しています。)

 

A

A・Tコミュニケーションズ TK-4-4 次世代インフラコード“ロゴQ”の開発と都市生活の質的向上への応用
  ◎西山敏樹(東京都市大)・東 陽一(A・Tコミュニケーションズ)(9月12日発表 2号館 22C)
AIST B-1-75 An Improved Model of Array Antenna with Large Element Spacing
  ◎Yuanfeng She・Masanobu Hirose・Satoru Kurokawa(AIST)・Takayuki Ishizone(Toyo Univ.)・Shinya Iwasawa・Shintaro Arata(Koden Electronics)(9月13日発表 1号館 12J)
and factory BI-3-7 &AND HOSTELにおけるIoT事業共創の取り組みについて
  梅本祐紀(and factory)(9月13日発表 1号館 13P)
ANIXTER International BI-6-2 アニクスターユニバーシティー データセンターカレッジ-Anixterが考えるデータセンターのケーブルデザイン-
  秋山 直(ANIXTER International)(9月12日発表 1号館 1BN)
APRESIA Systems BI-4-4 400ギガイーサ規格 電気伝送
  ○川津康朗・桑田 斉・石崎 洋(APRESIA Systems)(9月13日発表 1号館 1BM)
Asahi Univ. BS-7-1 Utility-Awared Pricing in Femto-Macro Heterogenous Networks
  ○Bo Gu(Kogakuin Univ.)・Zhi Liu(Shizuoka Univ.)・Cheng Zhang(Waseda Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Osamu Mizuno(Kogakuin Univ.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(9月12日発表 1号館 12G)
Asahi Univ. BS-7-31 Time-To-Live Based Caching Mechanism with Nonlinear Pricing
  ○Cheng Zhang(Waseda Univ.)・Richard T. B. Ma(National Univ. of Singapore)・Zhi Liu(Shizuoka Univ.)・Bo Gu(Kogakuin Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(9月14日発表 1号館 12G)
ASTEM A-6-2 Erlangからの高位合成のためのライブラリモジュールの回路規模削減
  ◎浜名将輝・石浦菜岐佐(関西学院大)・吉田信明・神原弘之(ASTEM)(9月14日発表 1号館 1BP)
ASTEM A-6-3 Erlangからの高位合成のための関数レベル並列化
  ◎若林秀和・石浦菜岐佐(関西学院大)・吉田信明・神原弘之(ASTEM)(9月14日発表 1号館 1BP)
Ateneo Innovation Center ADMU BP-5-2 SHARE Research and New Business Opportunities
  Gregory Tangonan(Ateneo Innovation Center ADMU)(9月14日発表 1号館 11B)
ATLA C-2-22 ダイオードを用いた電波反射の時間的制御に関する検討
  ◎髙萩和宏・谷口大揮(ATLA)(9月14日発表 1号館 13M)
ATR B-5-81 複数帯域同時伝送無線LANでの複数チャネルセンスによる送信機会獲得率評価
  ○塚本悟司・阿野 進・Julian Webber・熊谷智明(ATR)(9月13日発表 1号館 1BL)
ATR B-5-82 複数周波数帯同時伝送無線LANにおけるチャネル利用状況予測に基づく送信タイミング制御
  ○江頭直人・矢野一人・菅 宣理・熊谷智明(ATR)(9月13日発表 1号館 1BL)
ATR B-5-83 パンクチャド畳み込み符号を適用した無線LANのFER予測
  ◎菅 宣理・江頭直人・矢野一人・熊谷智明(ATR)(9月13日発表 1号館 1BL)
ATR B-17-8 Channel Occupancy Ratio Prediction in Real Environment Using Auto-regressive Integrated Predictor
  ◎Yafei Hou・Julian Webber・Abolfazl Mehbodniya・Kazuto Yano・Tomoaki Kumagai(ATR)(9月13日発表 2号館 22A)
ATR B-17-9 広帯域周波数共用システムのフレームワークに関する一検討
  ◎吉岡達哉・松野宏己・鈴木信雄・杉山敬三(ATR)(9月13日発表 2号館 22A)
ATR B-17-10 複数移動通信網の同時利用における網間のセルの関係性が与える影響
  ○川西 直・長谷川晃朗(ATR)(9月13日発表 2号館 22A)
ATR B-17-18 周波数共用を想定した分散モニタリングにおけるデータ集約効果と電力推定精度の評価
  ○松野宏己・玉井森彦・鈴木信雄(ATR)・前山利幸(ATR・拓殖大)(9月14日発表 2号館 22A)
ATR B-17-21 実測データを用いた広帯域スペクトラムモデルの一検討
  ○前山利幸(ATR)・細井宏樹(拓殖大)・松野宏己・鈴木信雄(ATR)(9月14日発表 2号館 22A)
ATR B-17-23 周波数センシングにおける位置ベースルーティングを用いた移動端末間データ集約
  ○玉井森彦・長谷川晃朗(ATR)(9月14日発表 2号館 22A)
ATR B-18-15 頻出パターンマイニングを用いた高さの違う電波環境の解析
  ○鈴木信雄・松野宏己(ATR)(9月14日発表 1号館 13N)
ATR Wave Engineering Labs. B-17-7 Prediction of Idle Slot Availability using Probabilistic Neural Network for WLAN
  Julian Webber・○Abolfazl Mehbodniya・Yafei Hou・Kazuto Yano・Tomoaki Kumagai(ATR Wave Engineering Labs.)(9月13日発表 2号館 22A)
ATR Wave Engineering Labs. B-17-15 An Efficient Distributed-Reporting Approach for Cooperative Sensing in Wireless-LAN System
  ○Rui Teng・Kazuto Yano・Tomoaki Kumagai(ATR Wave Engineering Labs.)(9月14日発表 2号館 22A)