電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
TK-4-5
センサ/アクチュエータデバイス技術によるライフアシスト応用
○小泉 弘・都甲浩芳・小舘淳一・阪本 匡(NTT)
モバイル端末の爆発的な普及は、様々なセンサやアクチュエータのガジェットとしての利用を促進し、アプリケーションと合わせたソリューションサービスの提供を身近にした。我々は通信デバイス技術を応用し、生体電極「hitoe」や、超小型レーザードップラー血流センサ、KTNスキャナ、触覚デバイス「ぶるなび」など様々なセンサ/アクチェータデバイスを研究開発してきた。本講演ではこれらのデバイスの技術や特徴と、社会実装による応用例について紹介する。