電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
TK-1-1
学会次期100年のスタートにあたり
青山友紀(東大)
TK-1-2
信学会とデジタル変革
栄藤 稔(阪大)
AIという言葉がバズワードが先行し、世の中にロボットが闊歩する時代がくるか
のように騒がれているが、そのようなAIが到来する前に成すべきことが沢山ある。
データの収集システム、クラウド・データベース技術、センサー・ネットワーク
技術、システムエンジニアリングを整備し、産業のデジタル化を進めなければな
らない。機械学習とエンジニアリングを結び付けるクラウドに対する理解が必要
である。世界はソフトウェアでできているという信念がシリコンバレーにはある。その信
念が組織を常に改革しデジタル変革を起こし続ける原動力になっている。
その上で、AIが産業を最適化しているという状況を一緒に理解したい。
TK-1-3
信学会のリ・デザイン、ICT行政経験者の視点
武井俊幸(早大)
信学会のリ・デザイン、ICT行政経験者の視点
TK-1-4
信学会のリ・デザイン
中野美由紀(産技大)
TK-1-5
信学会のリ・デザイン
須山 聡(NTTドコモ)