電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
N-2-3
アダプティブアレイアンテナによる雑音制御を用いた確率共鳴受信機の検討
◎平岡真太郎・中島康雄・山里敬也(名大)・荒井伸太郎(岡山理科大)・田所幸浩・田中宏哉(豊田中研)
確率共鳴(Stochastic Resonance)現象は, 適切な雑音を加える事で応答が向上する現象である. 従来の受信機では検出できない微小信号を検出する手法として, 確率共鳴現象を応用した受信機(確率共鳴受信機)がある. 確率共鳴受信機では, 確率共鳴現象を用いて微小信号を検出するために, 入力する雑音強度を適切に設定する必要がある. これまでには確率共鳴受信機の有効性が示されていたが,適切な雑音を制御する検討は十分にされていなかった. 本稿では, アダプティブアレイアンテナを用いて到来する干渉波を適切に制御し, 確率共鳴受信機に故意に加える雑音として利用ことを提案する. 計算機シミュレーションを行い提案手法の有効性を確認した.