電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
N-1-13
頂点に基づく局所探索法を使用したカオスニューラルネットワークによるグラフ的シュタイナー木問題の解法
◎△藤田実沙(東京理科大)・木村貴幸(日本工大)・藤原寛太郎・池口 徹(東京理科大)
我々は既に,キーパスに基づく局所探索法をカオスニューラルネットワークで駆動するグラフ的シュタイナー木問題の解法が良好な性能を示すことを報告した.本稿では,頂点に基づく局所探索法をカオスニューラルネットワークで駆動するグラフ的シュタイナー木問題の解法を提案し,その性能評価を行う.