電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
CS-1-4
分散性媒質のパルス応答解析-角柱導体が埋設された場合-
○尾崎亮介・山﨑恆樹(日大)
本文では,地中に厚みを有する金属散乱体を表現するため,分散性媒質内部に周期的に角柱導体を配置した場合の構造を考え,この構造に平面パルス波が入射した場合の定式化の要点を示す.また数値解析法には,複素周波数領域を解析可能なFILT法と高精度な解析が可能である点整合法(PMM)を併用してパルス応答の解析を行い,導体の厚みや媒質がパルス応答に及ぼす影響を検討する.