電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-14-17
1.3µm帯光源と可変光遅延器を用いたRadio-over-Fiberによる40GHz帯アンテナビーム制御
◎長山竜也・秋葉重幸・戸村 崇・広川二郎(東工大)
無線基地局の省電力化,置局コスト削減,電波干渉低減のため,我々はRadio-over-Fiber(RoF)技術を用いたフォトダイオード集積型アンテナ(フォトニックアンテナ)アレーの遠隔ビーム制御の研究を進めている.これまでに1.5 um帯可変波長光源と波長分散効果を用いた手法や可変光遅延器(VDL; Variable Delay Line)を用いた手法によるアンテナビーム制御を実証してきた.本稿では100Gイーサネット光源として広く使用されている1.3 um帯光源と可変光遅延器を用いた40 GHz帯フォトニックアンテナアレーのビーム制御を実験的に確認したので報告する.