電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-14-14
周波数同期マルチ光周波数コムによる周波数安定化ミリ波発生
◎上川紘輔(青学大)・菅野敦史・山本直克(NICT)・外林秀之(青学大)
近年ミリ波等の高周波帯域の使用が検討されている。また、電波法に定められている周波数揺動制限に対応する高安定な信号を得るために、過去の研究では光周波数同期技術により2レーザを同期駆動させることに成功している。
本研究では、光周波数同期技術を用いて2つの光周波数コムを同期し、周波数可変かつ高安定なミリ波発生の実現を目的とする。提案するシステムでは、周波数同期された光周波数コムの任意成分を取り出す事により、広帯域な周波数レンジにおいて、生成周波数が可変となる上、周波数揺動の少ない高安定な信号の生成が可能となる。