電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-14-8
変調深さの異なる2並列マッハ・ツェンダ干渉計光導波路による1電極型線形変調器
◎山口祐也・菅野敦史・山本直克(NICT)・川西哲也(早大)
マッハ・ツェンダ(MZ)導波路干渉計構造を有する変調器は光の振幅もしくは強度を制御するためのデバイスとして広く利用されているが,アナログリンクや高ボーレート通信などの有効ビット数の制限が厳しい条件下では,MZ変調器の持つ非線形な応答特性が問題となる.変調深さの異なる2つのMZ変調器を利用した線形化技術が報告されているが,本稿ではその技術をデバイス領域に適用して応答を線形化した変調器について報告する.