電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-8-3
単一磁束量子回路を用いたFPGAの実装に向けた4×4 Logic Blockの設計及び評価
◎荒木美佳・山梨裕希・吉川信行(横浜国大)
現在ではFPGAには、半導体集積回路が広く用いられているが、微細化技術の限界や発熱量、消費電力の増大等の問題がある。新たなデバイスとして、単一磁束量子 (Single Flux Quantum : SFQ) 回路が注目されている。SFQ回路は消費電力が半導体回路に比べ3桁程度低く、高速性においても数十GHzでの高速動作が可能であることが特徴である。本研究では高速動作性をもつSFQ回路でのFPGAの完全実装するための研究を行っている。FPGA内のLogic Blockでは内部のLook-up tableに外部信号を入力することで論理状態を決定できる。4×4のLogic Blockを実現する回路の設計を行い、シミュレーションによって外部信号によって任意の論理状態を実現できることを確認し、動作の評価を行った。