電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-5-2
磁気吹き消しされる開離時アークの異なる厚さの金属板による移動制限
◎太田 優・関川純哉(静岡大)
直流電源電圧200V-450V,回路電流10Aの抵抗性負荷回路において,銀接点間隙の上部に金属板(銅,アルミ,及び鉄)の板を設置した.円柱形状の電気接点対を等速開離し大気中で開離時アークを発生させ,磁気吹き消しした.金属板の板厚を変え,その側面で開離時アークの上方への移動を制限した.その結果,すべての金属材料において板厚を大きくしていくとアーク継続時間は長くなった.鉄板を使用した場合には電源電圧を高くするほどアーク継続時間は短くなった.一方,銅板及びアルミ板を使用した場合には電源電圧が300V以上になるとアーク継続時間は長くなった.