電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-5-1
二方向からの同時撮影による消弧直前の開離時アークのアーク長さの測定
◎山村龍一郎・関川純哉(静岡大)
実験回路は電源電圧450VDC/10Aの抵抗性負荷抵抗であり,円柱状の銀接点を用いる.永久磁石により開離時アークは上方へと引き伸ばす.ノズルから接点間隙に空気を吹き付ける.二台の高速度カメラをそれらの視線が直交するように配置して発生した開離時アークを同時に撮影し,得られた画像からアーク長さを解析した.
その結果,正面図のみから測定したアーク長さよりも正面図と上面図から測定したアーク長さは長くなった.その理由は以下の二つである.一つは,上面図での撮影結果において,開離時アークが湾曲しているためである.もう一つは,陽極側面上において陽極輝点が下方向に移動することにより,正面図では見えない部分があったためである.