電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-3-31
線形・非線形光回路集積に向けた基本波・倍波WDMカプラの設計
◎柏崎貴大・風間拓志・梅木毅伺・阪本隼志・笠原亮一(NTT)
石英系平面光回路と周期分極反転ニオブ酸リチウム導波路による線形・非線形光回路集積デバイス実現にむけ、基本機能となる基本波・倍波の合分波が可能な波長分割多重カプラの設計を行った。方向性結合器のギャップ量の調整により大きく異なる2波長帯の光の結合係数比を制御できることを数値計算から見出し,両波長帯の光を低損失に合分波可能であることを示した。さらに,本カプラの各波長に対する透過率計算から信号波長帯に対して170 nmの-0.5 dB帯域を有することを示し,通信応用に十分な特性を持つ低損失かつ広帯域な波長分割多重カプラの実現可能性を示した。