電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-3-26
EA変調器による符号化方式を用いたナイキスト型時分割多重光源の検討
○横田信英・小向知也・八坂 洋(東北大)
デジタルコヒーレントシステムへ光ナイキストパルスを時分割多重方式として導入することで、分散耐性や周波数利用効率を向上する試みが進められているが、その符号化には集積化が困難なLN変調器が用いられており、高度な多値変調方式化に伴い、コスト、光損失、消費電力などの増大が問題となっている。電界吸収型(EA)変調器を用いることでこれらの問題の解決が期待されるが、EA変調器によるチャープが波形に影響することが懸念される。本研究では、マッハツェンダ変調器に基づくナイキスト整形とEA-DFBレーザを組み合わせた簡便な光源構成において、EA変調器に起因した過渡チャープの光ナイキストパルス形状への影響を数値解析によって調べた。