電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-3-19
リニアライザによるDBRレーザの波長掃引線形化とその評価
◎郷原誠鷹・木村凌河・山口健太・久保木 猛・加藤和利(九大)
波長可変半導体DBRレーザは,波長制御層への注入電流掃引により広い波長範囲を掃引できるためガスセンシング等への応用が期待されている.一般に波長可変レーザにおいては注入電流量に対する波長変化は非線形であるが,線形応答が可能になれば2f検波などの周波数応答成分検出において測定誤差の低減が期待できる.本稿ではDBRレーザの非線形性を補償するリニアライザを用いて2µm帯DBRレーザを実際に駆動し,Geエタロンフィルタを用いて構築した波長掃引線形性評価システムにより波長掃引の線形性を評価した結果,リニアライザがDBRレーザの非線形性を補償する特性を付与できていることを実験的に確認したので報告する.