電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-3-13
テラヘルツ信号源の周波数安定化に向けた電気光学サンプリング法による高精度周波数計測
○桐ヶ谷茉夕(横浜国大)・諸橋 功(NICT)・金子優太・片山郁文(横浜国大)・入交芳久・坂本高秀・関根徳彦・笠松章史・寳迫 巌(NICT)
本講演では、光コムを用いた電気光学サンプリング法によるテラヘルツ波信号源の周波数安定化法の提案と、電気光学サンプリング法を用いた高精度テラヘルツ波周波数計測について報告する。マッハツェンダ変調器型超平坦光コム発生器を用いた電気光学サンプリング法により600GHz帯信号源の周波数計測を実証した。