電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-2-61
マルチビームアンテナ導波管給電回路の小型化に資する3電力分配器の試作評価結果
○牛嶋 優・湯川秀憲・湯浅 健・米田尚史(三菱電機)
近年、衛星通信の需要の増加に伴い、高速通信衛星を利用した航空機や船舶向けの高速無線通信の需要が増加している。サービスエリアを覆うためには多数のスポットビームが必要となり、アナログBFN (Beam Forming Network)を使用したマルチビームアンテナが採用されている。アナログBFNはブランチラインカプラを並列接続し、管軸方向に縦続接続するレイアウトであるため、BFN全体サイズが大きくなり小型化が課題であった。これまでに、BFNの小型化に資する3電力分配器について報告した。本稿では上記3分配器を試作し、評価を実施したので報告する。