電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-2-58
伝送線路型断熱マイクロ波インターフェイスの検討2
○澤原裕一・塩川教次・河口民雄・池内裕章・加屋野博幸(東芝)
超伝導マイクロ波回路ユニットの小型化には冷凍機の小型化が重要である。それにはユニット内外を接続するマイクロ波インターフェイスの低熱流入化が必要となるが、同時に超伝導特性を活かすために低損失化が求められる。そこで、我々は伝送線路型断熱マイクロ波インターフェイスの検討をしている。本報告ではこの導波路のグランドを切り離すことで断熱性能を向上させた新たな構造を検討したので報告する。結果として、既提案の構成よりも熱流入量を抑制することができた。