電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-2-48
集中定数インピーダンス変換器におけるLC素子値の誤差伝搬とSmithチャート上の曲線の長さとの関係
◎山田恭平・大平 孝(豊橋技科大)
集中定数素子を用いたインピーダンス変換では,素子値のズレと入力インピーダンスのズレとの関係が問題になる.本稿では,この関係が非Euclid幾何(双曲幾何) を用いて視覚的に記述できることを明らかにする.