電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-2-44
円形パッチ共振器と給電周波数制御による電子レンジによる選択加熱
○水嶋祐太・須賀良介・橋本 修(青学大)
電子レンジの付加価値の1つとして,目標とする被加熱物のみを集中的に加熱する選択加熱[1]が挙げられる.我々は庫内壁面における反射波制御による選択加熱について検討してきた.
本稿では,マグネトロンと比較して位相ノイズの低い固体発振器と円形パッチ共振器の狭帯域性を応用した反射位相制御による選択加熱について検討した.