電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-2-35
メタマテリアル伝送線路における曲率とスタブ挿入の組み合わせによる非相反性の増大
○山内淳司・上田哲也・久保雄暉(京都工繊大)・伊藤龍男(カリフォルニア大)
これまでに非相反性移相右手/左手系複合(CRLH)伝送線路の電磁界分布が持つ可変位相勾配を利用することで, 新しいマイクロ波共振器ならびにビーム走査/偏波操作アンテナが提案されている. しかしながら, これまでに提案されている非相反線路では, 十分大きい非相反性を得ることができないため, 適用範囲が限定的になり,さらなる非相反性の増大が望まれている. これまでに,線路の曲率と誘導性スタブの非対称な挿入との組み合わせにより非相反性が増大することを提案している.本稿では, 容量性スタブの場合においても曲率を持つ線路との組み合わせにより, 従来の直線構造に比べて非相反性が増大することを確認したので,これを報告する.