電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-2-34
螺旋0次共振器による光学活性の増強
○久本伸之・上田哲也(京都工繊大)
人工構造体による光学活性に関する研究は古くから行われており、現在でも、光学活性の増強を目的とした研究が盛んに行われている。それらの多くは、典型的な光学活性媒質であるヘリカル構造の波長共振近傍での増強であった。今回我々は、新たな光学活性の増強法としてメタマテリアルを用いた0次共振による光学活性の増強効果を提案する。電磁界シミュレータを用いて数値計算を行った結果、0次共振の近傍で従来の半波長共振と比べて大きな偏波回転効果が得られたので、これを報告する。