電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
C-2-2
入力信号の振幅と位相の制御を用いた高効率デュアルインプットドハティ増幅器
◎中谷圭吾・小松崎優治・坂田修一・新庄真太郎・山中宏治(三菱電機)
近年,移動体通信用基地局用増幅器には低消費電力化の要求が高まっており,高効率化技術が求められている.高効率化を実現する増幅器としてはドハティ増幅器が有用である.しかし,主増幅器が飽和する前にC級バイアスされた補助増幅器が動作してしまうことでバックオフ時の効率が低下し,バイアス条件が異なるため飽和出力電力低下の原因となる.
本稿では,ドハティ増幅器を構成する主増幅器と補助増幅器に入力される信号の振幅と位相を制御することで,飽和出力電力の向上と低消費電力時の高効率化を実現するデュアルインプットドハティ増幅器を検討し,試作の結果,周波数3.6GHz時にバックオフ動作時の効率53%を達成し,効率10ポイントと飽和出力電力1.0dB改善する良好な結果を得た.