電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
BS-6-3
マルチビームMassive MIMO伝送におけるオーバヘッドレスアクセス制御方式―公平性を考慮したユーザ選択手法―
○森野善明・平栗健史・吉野秀明(日本工大)・西森健太郎(新潟大)
無線LAN等の無線通信システムを利用する無線端末 (ユーザ)は増加傾向にあり,無線帯域の輻輳や枯渇が問題となっている.本研究は, CSI推定が不要となるマルチビームMassive MIMO (Multiple Input Multiple Output)伝送におけるアクセス制御プロトコルの提案を行う.本提案方式は,大きなオーバヘッドが不要となるオーバヘッドレスアクセス制御方式であり,伝送効率の飛躍的な向上が可能となる.本報告では,ユーザが公平に通信を行えるユーザ選択手法の検討を行い,計算機シミュレーションにより評価を行った.この結果より,本提案方式の有効性が確認されたので報告する.