電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
BS-2-4
大規模MIMOシステムの送信アンテナ選択による簡易ビーム形成に関する検討
○西村寿彦・井上航一・大鐘武雄・小川恭孝(北大)
大規模MIMOシステムは,非常に多くのアンテナ素子を用いることで,従来の素子数が少ないMIMOシステムに比較して,周波数利用効率を高めることができ,システム全体のスループットを大きくすることが可能となる.
ビーム形成に寄与の大きな素子のみを選択すれば,特性を大きく劣化させることなく実際に用いるアンテナ素子数を削減することができ,上記の様々なコストを低減することが可能となると予想される.
究極的には,希望するビーム形成をアンテナ選択のみで行うことができれば,大幅なコスト削減につながると期待している.