電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
BI-8-4
知的環境を支えるIoTフィールドエリアネットワーク
松倉隆一(富士通研)
IoTデバイスが接続されるフィールドエリアネットワーク(FAN)は,デバイスのインタフェースが多種多様であるため複雑な構造をしている.しかし,ICTがWWWにより情報へのアクセスが容易になり,Web2.0により誰でも情報発信可能になった.IoTはモノからの情報発信を可能にすると期待され,集まった情報を価値化することでさらに高度な知的環境が実現されるはずである.本論では,複雑なFANを容易に構築するための共通基盤Web of Thingsについて述べ,多様なインタフェースを持つデバイスの操作がWeb技術で実現される方式について述べる.そして,複数分野にまたがるサービスが1つの共通基盤で同時に利用可能となることを示した.