電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
BI-7-6
展望: Intelligence ExchangerとしてのFuture Internet
加納敏行(NEC)
 人工知能技術の進化に伴い、あらゆるシステムが人工知能を搭載し、人の判断速度を遥かに超えたシステムがサービスに導入されるようになる。それらのシステムはプライベートネットワークさらにはインタネットに接続され自律的に情報収集や交換、システム間協調が行われるようになる。この時、ネットワークは知能交換・知性交換という役割を担うようになる。人工知能は想定を超えた機能や性能をネットワークに要求するようになる。しかもその頻度は従来の100倍、1000倍を超える。本稿では、AIを搭載したシステムが大量にネットワークに接続されたとき、ネットワークにどのような機能や性能が具備されていなければならないのか、進化する人工知能を有効に活用することのできるプラットフォームとしてのネットワークはどうあるべきなのかについて考察する。