電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
BI-5-3
JCAHPCのスパコンOakforest-PACSとスパコン技術の将来展望
塙 敏博(東大)
計算科学は,実験,理論に次ぐ第三の科学と呼ばれ,スーパーコンピュータは計算科学において数値シミュレーションを支える重要な計算基盤となっている.近年では,さらに第四の科学としてデータ 科学が注目を集めているが,高い入出力バンド幅性 能を備えるスパコンがやはり核になると考えられる.
その中で,東京大学情報基盤センターと筑波大学計算 科学研究センターは,共同で最先端共同 HPC 基盤施設 (JCAHPC) を立ち上げ,国内最大規模となる単一システムのスパコンを共同調達,共同運用している.
本稿では,2016年12 月から JCAHPC の下で稼働を開始したOakforest-PACSシステムについて紹介する.さらに,将来のスパコン向けネットワーク技術に向けた展望や光ネットワークに向けた期待について述べる.