電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
BI-1-2
狭受信機帯域による超広帯域コヒーレントレーダ技術
○稲葉敬之・秋田 学・渡辺一宏(電通大)
筆者らは次世代車載レーダや交差点監視レーダ等への応用を想定し,狭帯域(すなわち遠距離性に優れる)にて高距離分解能が得られる多周波ステップCPC (Complementary Phase Code)方式を提案し,60GHzや76GHz帯(約430MHz瞬時帯域幅)にて同方式を採用した実時間動作レーダ装置を開発しその有効性を実験的にも実証してきた.一方近年の自動運転の実現等の社会的ニーズの高まりから79GHz帯が4GHzに拡大され超広帯域を活用可能な法整備が整いつつある.すなわち,遠距離性を犠牲にすることなく高分解能が得られる変復調方式技術の確立はより重要性を増している.以上の背景より本研究では,多周波ステップCPCを基盤技術として,距離視野,速度視野を確保した上で上記特徴を備える以下の変復調方式を提案する.