電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-21-13
扁平コイル対の拡張kQ ―送受電間距離と軸ずれ依存性の測定―
◎阿部晋士・中原海司・坂井尚貴・大平 孝(豊橋技科大)
著者らは正方形平面ヘリカルコイルの拡張kQの巻き数特性を数値解析し,
結合係数kと無負荷Q値の積や共役整合時伝送効率ηだけでは見つからなかった特徴を見出した.
今回は平面ヘリカルコイルを用いてコイルの位置(r, z$を変化させたときの特性を測定し調べた.
結合器のkQだけでなく伝達関数z21と損失項ESRを調べた結果,
最大効率の特徴だけでなくその原因を含めて調べられた.