電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-19-7
複数ドローンによる粒子フィルタを用いた測位に関する一検討
○野井優希(横浜国大)・衣笠菜月(名大)・河野隆二(横浜国大)
近年,各種電子デバイスの小型化と低価格化によって無人航空機(UAV: Un- manned Aerial Vehicle)が,ドローンとして普及が進んでいる.その用途は空撮 や趣味など様々であるが,災害時でもドローンの活躍が期待されている.災害時 の人命救助においてドローンの機動性が被災者の発見に力を発揮する.一般的に 測位をする上では GPS などの衛星測位を用いることが知られているが,建物内に おいては衛星測位を用いることが困難である.そのため,本研究ではドローンを用いてBAN(Body Area Network)を装着した人の位置を測位するアルゴリズムを考える.