電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-19-2
ミリ波帯通信の基地局高と端末側アンテナビーム幅に関する一検討
○沢田浩和・石津健太郎・児島史秀(NICT)
第五世代移動通信システムでは,ミリ波帯の利用が検討されており,新たな周波数の無線システム導入に向けた伝搬特性の明確化が必要となっている.本稿では,IMT追加特定候補周波数帯として検討されている32 GHz帯にについて,市街地環境で基地局アンテナ高と受信アンテナビーム幅を変化させた場合の受信電力時間変動特性の測定結果を報告する.