電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-18-28
漁業IoTシステムにおけるデータ収集端末設計に関する検討
○杉本 修・大岸智彦・井戸上 彰・宇都宮栄二(KDDI総合研究所)
従来、漁業における漁獲の予測は漁師の経験と勘に強く依存しており、その暗黙知を形式知化することが課題とされてきた。こうした課題を鑑み、筆者らはセンサ技術を用いた海洋データの収集・蓄積とその分析により漁獲予想を行う漁業IoTシステムの検討を、宮城県東松島市で定置網漁を行う漁業者とともに実施している。本稿では、漁業IoTシステムの海洋データ収集端末である”スマートブイ”の設計について検討する。