電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-18-24
IEEE 802.15.4を用いたワイヤレスセンシングの初期的検討
○松本直也(阪大)・岡田隆三(静岡大)・川崎慈英・猿渡俊介・渡辺 尚(阪大)
近年スマートフォンやIoT デバイスの登場で電波を用いたトラヒックが膨大に増え続けている.筆者らは,通信に使用されている電波を利用して空間やユーザの情報をセンシングできるのではないかとの仮説の下にワイヤレスセンシングに取り組んでいる.既に電波を使って心拍を検出したり建物への人の侵入を検知したりする研究が行われている[1, 2].ワイヤレスセンシングが実現されることで,通信システムとセンシングシステムを統合的に扱うことができる.本稿では,電波環境の変化を用いて屋内において人の混雑具合を検出できるかどうかを,IEEE 802.15.4を具備したTelosB を用いて実験的に検討する