電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-15-9
聴覚障がい者向け通話音声テキスト化サービスへの入力発話機能の検討
○小磯卓児・三上和愛・佐藤 篤・太田昌宏(ドコモ・テクノロジ)
2016年10月より、NTTドコモでは聴覚障がい者向けの通話音声テキスト化サービス「みえる電話」を提供開始したが、本サービスは発話が出来る聴覚障がい者の利用を前提としていたため、開始後のアンケートにて発話が難しい先天性難聴のろうあ者や高度難聴の方から本サービスを利用したいとの声を多くいただいた。
そこで、サービス利用者がスマートフォンにてテキスト入力し、入力したテキストをサーバ上で音声合成し通話相手に音声で伝える機能(入力発話機能)を2017年4月から提供を行った。
本稿では、入力発話機能提供の際に生じた問題と工夫点について示す。