電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-13-22
間欠接着型光ファイバテープ心線を実装した細径高密度光ファイバケーブルの光損失の心線実装密度依存特性
○山田裕介・菊池 雅・川高順一・泉田 史・片山和典(NTT)
間欠接着型光ファイバテープ心線を高密度に実装した細径高密度光ファイバケーブルについて検討を進めてきた[1].この光ファイバケーブルでは,適切な曲げ損失特性を有する光ファイバを用いて光損失特性を確保している.しかしケーブル状態において光損失増加が生じる要因は明らかでない.要因の一つに,光ファイバ心線に加わる側圧の影響があり,ケーブル構造パラメータである心線実装密度との関係把握が重要である.細径高密度光ファイバケーブルについて,心線実装密度とケーブル化による光損失特性の関係を測定した結果を報告する.