電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-13-15
C-OFDRを用いた強結合マルチコアファイバの空間モード分散分布測定
◎大野槙悟・飯田大輔・戸毛邦弘・真鍋哲也(NTT)
強結合マルチコアファイバにおける空間モード分散(SMD)を非破壊で分布測定する手法を提案する.C-OFDRで観測される後方レイリー散乱光振幅分布波形の自己相関を計算することで分布測定を実現した.提案手法により,測定距離4 km,空間分解能40 mでSMD分布測定を実証した.