電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-13-10
PSP-BOTDRにおける長パルスプローブのパルス幅の影響
◎増井優貴・ザン モハマド サイフル ズルケフリ・堀口常雄(芝浦工大)
近年、ブリルアン散乱を用いて歪みの分布を測定可能なBrillouin Optical Time Domain Reflectometer (BOTDR) の研究が盛んに行われている。その空間分解能と歪みの測定精度の向上のため、長短のパルスを組み合わせたプローブ光を用いたPSP(Phase Shift Pulse)-BOTDRの提案がされている[1]。本稿では、長パルスの時間幅がPSP-BOTDRで測定されるブリルアン散乱光スペクトル (BSS) に及ぼす影響について検討したので、その結果を報告する。