電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-13-8
BGSの非負値行列因子分解を用いたひずみ計測誤差の低減
◎藤本拓哉・成瀬 央(三重大)・西野隆典(名城大)
ブリルアンゲインスペクトル(BGS)は非負であり, また, 複数のローレンツ形状を持つスペクトル(LS)の重ね合わせで近似できる. この特徴に着目し, 信号分離に優れた非負値行列因子分解(Non-Negative Matrix Factorization : NMF)を利用したひずみ計測誤差低減の可能性をシミュレーションによって調べ, その有効性を明らかにした.