電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-11-18
MNOユーザとMVNOユーザの通信料金に対する感度分析
◎谷口文隆(早大)・矢守恭子(朝日大)・張 成(早大)・古 博(工学院大)・田中良明(早大)
MVNO (Mobile Virtual Network Operator)はMNO (Mobile Network Operator)から一定の通信資源を借りてサービスを提供するが,MNOのサービスよりも品質を下げる代わりに月額料金を低く抑えている.これはいわゆる差別化サービスとして見ることができ,ユーザは自身の効用を満足させる品質やサービスを選択することができる.ユーザに選択肢を増やすことで,資源の有効活用ができるだけでなく,ユーザ全体の効用を高めることができる.本稿では, MVNOユーザとMNOユーザの価格感度の違いを明らかにし,最適資源配分のための料金設定について検討する.