電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-11-2
高密度分散アンテナ選択を用いた上り回線MU-MIMOにおける屋内実環境での性能評価
◎伊藤創一・吉田 翔・西森健太郎(新潟大)・村上友規・石原浩一・鷹取泰司(NTT)
分散アンテナシステム(Distributed Antenna System:DAS) がマルチユーザMIMO (MU-MIMO) の伝送速度改善の手法として注目されており,これまでに著者らはDAS のアンテナを複数のグループに分割し,アンテナを選択する方法を提案している[1].しかし,この方法
では限られたエリア内にユーザが集中すると伝送速度が低下するという問題があった.本稿では[1] のアンテナの選択方法を改良した方法を新たに提案する.[1] の方法と提案手法を屋内実環境で取得した伝搬チャネルを用いて比較することで,提案手法の有効性を明らかにする.