電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-10-29
IM-DDシステムにおけるマルチチャンネル符号化変調を用いた波長分散耐力の向上
○山本秀人・増田 陽・河合伸悟・福徳光師(NTT)
次世代イーサネットを想定した光伝送方式として、強度変調にWalsh符号化を適用することでチャンネル間の信号品質を平準化し、波長分散耐力の向上を実現する、「Walsh符号化PAM方式」が提案されている。本稿では、Walsh符号化PAM方式の原理確認および方式適用による特性改善効果を、伝送実験により示す。