電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-7-20
ネットワークにおけるサイバー攻撃通信経路特定方式
○石原裕一・阪井勝彦(NTT)
サイバー攻撃の大規模化によりNWでの対処が必要となっている。NWでの対処においては、限られた対処リソースを効率に活用して対応することが求められる。本稿では、攻撃に対して有効な対処を行うために必要な、攻撃通信の経路特定方式について提案する。